このページの本文へ

ASUSTeK「Maximus III Extreme」

P55採用のハイエンドマザー「Maximus III Extreme」が発売

2010年03月02日 22時55分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASUSTeK製「P55」搭載LGA 1156対応マザーボードのウルトラハイエンドモデルといえそうな「Maximus III Extreme」の販売が今日からスタートしている。

「Maximus III Extreme」

ASUSTeK製「P55」搭載LGA 1156対応マザーボードのウルトラハイエンドモデルといえそうな「Maximus III Extreme」の販売が今日からスタート

 この製品は、チップセット「P55」に加えPCI Express 2.0ブリッジ「nForce 200」を追加。5本搭載するPCI Express(2.0) x16スロットは動作モードがシングルx16/デュアルx16/トリプルx16/x16+x8/x8+x8+x8+x8/x8+x8+x8+x8+x8で利用可能で、ATI CrossFireXとNVIDIA SLIをサポートする。
 オンボードインターフェイスにはNEC「μPD720200」による2ポートのUSB 3.0とMarvell「88SE9123」によるSATA 3.0をやはり2ポート搭載。USB3.0およびSATA 3.0とチップセット間の帯域ボトルネック解消にPLX Technology製PCI-Expressブリッジも搭載されている。

チップセット「P55」に加えPCI Express 2.0ブリッジ「nForce 200」を追加。5本搭載するPCI Express(2.0) x16スロットは動作モードがシングルx16/デュアルx16/トリプルx16/x16+x8/x8+x8+x8+x8/x8+x8+x8+x8+x8で利用可能となる

 その他、拡張スロットはPCI Express(2.0) x16×5、PCI×1という構成。メモリスロットの構成はDDR3 DIMM×4(DDR3-2200(O.C.)/2133(O.C.)/2000(O.C.)/1800(O.C.)/1600/1333/1066、16GBまで)。
 オンボードインターフェイスは、Realtek/RTL8112LによるギガビットイーサネットやVIA/VT2020による10chサウンド、IEEE1394、Serial ATA II×7、Serial ATA III×2、eSATA×1、USB3.0×2、Bluetoothモジュールなど。価格は以下の通り。入荷数は各ショップとも少ないようだ。

オンボードインターフェイスも豊富。USB3.0やSATA3.0、Bluetoothモジュールなども付属している

価格ショップ
「Maximus III Extreme」
¥41,970ドスパラ秋葉原本店
¥41,980アーク(完売)
クレバリー1号店
TWOTOP秋葉原本店
T-ZONE.PC DIY SHOP
ソフマップリユース総合館

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中