このページの本文へ

アニメファンならぜひ行きたい!聖地巡礼ツアー 第4回

コミケの締めは聖地巡礼&初詣で!

2010年も萌えろ! 鷲宮神社年越しカウントダウンレポ!

2010年01月03日 23時00分更新

文● 有馬桓次郎 写真●うえのふみお

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

寒いけど続々と集まる参拝客

 まだ大晦日の午後9時半だというのに、鷲宮神社の周辺はたくさんの人であふれていた。中にはハッキリとコミケ帰りと判る紙袋を提げた人もいたが、2年ぶりの大晦日開催となった今回のコミケ77が思わぬ波及効果を呼んだのかもしれない。

 すでに多くの露店が軒をならべて営業を始めており、白熱灯の黄色い光が煌々と境内を照らしている。その一角には鷲宮町商工会のテントがあり、2008年4月7日付で交付された『らき☆すた』柊かがみ&つかさ姉妹の特別住民票の頒布が行なわれていた。これは2010年3月23日に鷲宮町が隣接市町と合併することを記念するイベントで、頒布されたのはオリジナルのクリアファイルに収められた、鷲宮町長のサインとシリアルナンバーの入った特別住民票。初詣の参拝列に並ぶ前に確保しておこうと、テント前には長い行列ができていた。

大晦日の鳥居前「大酉茶屋わしのみや」。周囲にはコミケの紙袋を提げた人がたくさん歩いている

鳥居前では地元商店による『らき☆すた』関連の商品が販売中。その他の露店にも、キャラを描いた張り紙やポスターが参拝客を迎えていた

「柊姉妹特別住民票」配布会場。ちなみに元日午前1時までに、3500~4000枚の特別住民票が頒布されたとか

 境内を奥へと進むと、この時間でも拝殿前から始まった参拝待ちの列が境内の中ほどまで伸びていた。さっそく筆者もその列に並んだが、昨年の状況(09年の三が日には、県内第2位となる42万人もの人手を記録した)を知る参加者によると、これでもまだまだ序の口という。彼の言うとおり参拝待ちの列はあっという間に延びていき、最後尾札もはるか彼方に去っていってしまった。

 手元の温度計によると、午後11時の時点での気温はマイナス2度! 石畳から這い登ってくる冷気はまるで氷に直接足を乗せているようで、できるかぎり暖かい格好をしていたはずなのに震えが止まらない。どの人も熱い甘酒を飲んだり、少しの間だけ列を離れて身体を動かしたりと、思い思いの方法で暖を取っていた。

初詣待機列。筆者が到着した時間にはまだ短かったが……

23時を過ぎると、待機列は境内を飛び出して商店街まで伸びていた。鳥居前には場外待機列が出来上がっていて、まるで昼間まで筆者がいた東京ビッグサイトの大手サークル待機列のようだ

(次ページへ続く)

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ