このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

タレント・マネジメントで不況時代を生き残れ!

後任の部長は彼か彼女か!人事に特化したPeopleSoft HCM

2009年12月15日 07時00分更新

文● 吉川大郎/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

新バージョンPeopleSoft Enterprise 9.1は、人事、CRM、ファイナンシャルなどを機能を包括した業務アプリケーションだ。ピープルソフトの買収から数年が経ち、「さまざまな噂が流れた」(日本オラクル安井氏)同製品だが、給与機能も含め、従来の路線を堅持しつつ進化しているという。

オラクルの業務アプリケーション群

オラクルの、2006年からの業務アプリケーション群

保々氏

冒頭挨拶に立った常務執行役員 アプリケーション事業統括本部長 保々雅世氏は、企業買収を続けるオラクルは、多くのアプリケーションをもって、一括したソリューションを築き、顧客のビジネスを支えると語った。

 本日の発表は、「PeopleSoft Enterprise 9.1」と、そのラインナップに含まれる人事システムソフト「PeopleSoft Enterprise 9.1 HCM」に関するものであったが、会見冒頭では日本オラクル 常務執行役員 アプリケーション事業統括本部長 保々雅世氏が、オラクルの業務アプリケーションについて、その戦略を語った。

 ピープルソフトやBEAシステムズなど、アプリケーション企業の買収を進めるオラクルだが、同社はこうした買収を続けることで、顧客への「コンプリートな製品」の提供を目指している。

 2006年からの業務アプリケーション群を見れば分かるとおり、同社のラインナップは多岐にわたっている。ただ、単にカバー範囲を広げるだけではなく、これら製品をお互いに協調させ、場合によっては他社製品とも連携させることで、価値を創造していこうというのが同社の戦略と言えるだろう。

 もちろん本日の発表内容であるPeopleSoft Enterprise 9.1も、オラクル業務アプリケーション群の広域カバーと相互連携という基本戦略の上に成り立っている。オラクルに買収されて3回目のバージョンアップになる9.1は、1350もの新機能を搭載し、200にわたる機能拡張がなされた、オラクル買収後最も大きなバージョンアップとなる。つまり、上記したオラクルの全体戦略を、色濃く反映した存在になっているというわけだ。

 PeopleSoft Enterprise 9.1の中でも先陣を切る「PeopleSoft Enterprise 9.1 HCM」は、人事に特化したアプリケーション。目玉となるのは、「タレント・マネジメント」だ。

次ページ「経営層、マネジメント層、働く人個人の役に立つシステム」に続く

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

ピックアップ