このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ガラパゴスケータイの機能徹底絞り出し第13回

ケータイの進化でフルブラウザは“使える”ようになった

2009年10月19日 16時00分更新

文● 小林 誠/ゴーズ、ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Mobile Hi-Vision CAM Wooo
au「Mobile Hi-Vision CAM Wooo」

auのPCサイトビューアーも進化

 auはPCサイトを見るときに「PCサイトビューアー」を使う。まず「Mobile Hi-Vision CAM Wooo」に代表されるKCP+ベースのauケータイは操作感がほぼ同じ。機種による差はあまり見られない。

 ただし、PCサイトビューアー自体が進化しているので、2年くらい前の機種を使っている人が最新機種を使うと、カーソルのスムーズな動きといった細かい操作性の差に驚くだろう。

 タブ表示ではないものの、PCサイトビューアーの「メニュー」から「ページ切替」によって、ウェブページを素早く移動できるほか、「待受指定」を行なうと、待受画面でカーソルキーの下を押すことでフルブラウザの画面にすぐに移動できる。しかも待受画面にサイトの画面を表示でき30分間隔で更新させることも可能だ。


検索ツール 待受指定
メニューか「検索ツール」を使えば、直接Googleでキーワード検索ができる。「待受指定」は表示中のサイトの画面を待受画面に表示させる機能。一定間隔ごとの画面更新にも対応している
biblio
au「biblio」

biblioは無線LANを搭載し
ブラウザもOpera Mobile 9.5

 東芝製のブックケータイ「biblio」は他のau端末と使い勝手が全然違う。まずPCサイトビューアーのトップページは「スピードダイヤル」という機能と連動している。登録したウェブサイトをトップページに表示する機能で、これがブックマークとは別にある。

 biblioは横画面での操作も可能だし、タブ機能もあり、さらに無線LANも搭載している。フルブラウザを使うのにとても適した端末だ。


スピードダイヤル メニュー
PC版のOperaと同じスピードダイヤル機能を搭載する。これはウィンドウを開いたときに9つのボックスにあらかじめ登録しておいたページの画面が表示され、それをクリックするだけでそのページにジャンプできるというもの。メニューからも簡単にスピードダイヤルに登録できる

ソフトバンクも軽やかな操作性

 ソフトバンク端末でPCサイトを見るのなら「PCサイトブラウザ」という機能を使う。「933SH」でもタブ表示が可能なほか、F-09Aのようにページ全体を表示する「クイック移動」を使えば、広いウェブページの目的の場所へ素早く移動できる。

 ポインタの速度も変更できるなど、ドコモ、auに劣らない機能を持つ。

PCサイトブラウザ1 PCサイトブラウザ2
933SHはソフトバンクのハイエンド端末だけあって、PCサイトの表示も軽々。タブ機能やページの全体表示にも対応している

 ケータイのフルブラウザはスマートフォン並とはいかなくても、速度は快適になっており、最近使っていなかった人にとっては間違いなく想像している以上に快適にPCサイトを見ることができる。1度試していただきたい。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン