このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

危ない写真がいっぱい!? 谷桃子が超ギリギリな“乱れる”写真集を発売!!

2009年07月29日 20時30分更新

文● 清水

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 グラビアでは各誌で絶好調の人気で、テレビ東京系「湯けむりスナイパー」で芸者の小雪役を好演した谷桃子さんが、写真集『乱れる』(発売:ワニブックス/2940円)の発売記念握手会を25日に新宿の福家書店サブナード店で行なった。

 谷さんはグラビアだけでなく、その天然な発言が面白くてバラエティ番組でも活躍。また、劇場公開もされたアニメ『珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~』では、ババア役として声優にも初挑戦。活躍の幅を広げている。

 今作の写真集は都内スタジオで撮影しているが、カメラと被写体との距離がかなり近くて密着感のある写真が多い。デビューしてすぐに撮影された貴重な写真もあり、当時と比べると痩せてより大人の女性になっていると本人も述懐している。

――どんなイメージの写真集に仕上がりましたか?
【谷桃子】本当にギリギリなので、とにかく危ない写真がいっぱい。写真集を下から見たら、見えちゃうんじゃないかと思うような写真もあります(笑)。

――撮影は恥ずかしかったりしましたか?
【谷桃子】私は常に本気と書いて“マジ”。入り込んじゃうタイプなので、(見えてしまうかどうかは)気にすることなく気持ちを入れられました。ヤバイですよね。緊張はもちろんしますけれど、見ている方がドキドキしてほしいというのが先に来るんですよ。

――おすすめしたい写真はどれですか?
【谷桃子】見開きで寝ている写真がいいと思います。見えるか見えないか、ギリギリのおっぱいがポイント。撮影も意外とすんなりできました。

 なお、今までで公私ともに乱れた経験はという質問には、「プールで溺れた時」と回答。その時は相当に乱れてしまったらしい。今後の予定については、9月に映画『ブレーキ』が公開されるとのこと。

(写真特集ページへ続く)

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ