このページの本文へ

PROGRAMMING 古籏一浩のJavaScriptラボ第1回

iPhoneのGPSをJavaScriptで操ろう

2009年07月06日 18時24分更新

古籏一浩

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

GPSから緯度経度を読み出してみる

 緯度、経度と誤差を読み出して表示してみましょう(サンプル01)。watchPosition() で位置情報を監視し、緯度経度をページ上に表示します。iPhoneを持って動き回れば、緯度、経度が変わっていくのが確認できます。

iPhone GPS
iPhoneを持って動き回ると緯度経度が変化する

●サンプル01のソースコード


<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN">
<html>
<head>
<meta name="viewport" content="initial-scale=1.0, user-scalable=no" />
<meta http-equiv="content-type" content="text/html;charset=utf-8"/>
<title>Safari + GPS</title>
<style type="text/css"><!--
h1 { font-size:16pt; }
--></style>
<script type="text/javascript"><!--
window.onload = function(){
    navigator.geolocation.watchPosition(update);
}
// 位置が検出されたら緯度、経度、誤差と時間を表示
function update(position){
    var lat = position.coords.latitude;
    var lng = position.coords.longitude;
    var acc = position.coords.accuracy;
    document.getElementById("pos").innerHTML = lat+","+lng+","+acc+"<br>"+(new Date());
}
// --></script>
</head>
<body>
<h1>現在の位置情報を表示</h1>
<div id="pos">lat, lng, accuracy</div>
</body>
</html>

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く