このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

極めろ!デスクトップカスタマイズ第1回

Visual Styleでデスクトップが見違えるほど美麗に!

2009年04月22日 12時00分更新

文● 柳谷智宣/アバンギャルド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今回から始まるこの連載は、Windowsのデスクトップをカスタマイズする、さまざまなソフトやテクニックを紹介する。スタートメニューからウインドウまでをスタイリッシュなデザインに替えたり、実用的な機能を壁紙に埋め込むなど、Windows標準の機能では実現できないテクニックを使い、あなただけのデスクトップを作ってみよう。

こんなデスクトップが簡単に作れる
「Visual Style」を使えば、こんなデスクトップが簡単に作れる

 第1回は、「Visual Style」(視覚スタイル)の使い方を解説する。スタートメニューやタスクバー、ウインドウのデザインをカスタマイズする機能で、手軽な操作でがらっと見た目を変更できる。

このテクニックはWindows XPでお使いいただけます。


ネットには膨大な数のVisual Styleが公開されている

 Windows XPはテーマを変更してVisual Styleを変更できる。Windows 2000ライクな「Windowsクラシック」やXPで採用されたLunaインターフェースはその一例にすぎない。インターネット上には、多くの人々や団体が作成した、膨大な数のVisual Styleが公開されている。そのほとんどがフリーで利用でき、中には素晴らしい完成度の作品もある。Windows XPで使えるテクニックなので、流行のNetbookも華やかな見た目に変更できるのが嬉しい。

 ただし、Windowsはマイクロソフト製のVisual Styleしか認識しないようになっている。そこで、まずはWindowsにパッチを当てて、サードパーティのVisual Styleを認識できるようにしよう。今回は「Uxtheme Multi-patcher 6.0」を利用する。

    SOFTPEDIA
    SOFTPEDIA
  • SOFTPEDIAから「Uxtheme Multi-patcher 6.0」をダウンロードする。
  • ダウンロードしたzipファイルを解凍し、インストールする。
  • [Patch]をクリックして実行 [Patch]をクリックして実行
  • 「Patch」をクリックする。続いて、OSやサービスパックのバージョンなどの確認画面が開く。
  • インストール完了。再起動する

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン