このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

極めろ!デスクトップカスタマイズ第2回

カスタマイズしたデスクトップを簡単に切り替えよう

2009年04月29日 12時00分更新

文● 柳谷智宣/アバンギャルド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
テーマにしておけば気分に合わせて選びやすい 多数のカスタマイズしたデスクトップを、テーマにしておけば気分に合わせて選びやすい

 前回はWindows XPでの「Visual Style」の簡単な導入方法を紹介した。しかし、複数のVisual Styleを切り替える際は、ファイル名やフォルダー名だけでは管理しにくい。そんな時は、プレビューが見られるWindowsのテーマとして保存しておくと便利だ。

この機能はWindows XPでお使いいただけます。


カスタマイズしたデスクトップをテーマとして保存

 Visual Styleを反映させた後、フォントサイズを変えたり、お気に入りの壁紙に変更することがある。この状態を「Windowsテーマ形式」で保存しておけば、テーマを選ぶと一括で変更できるようになる。逆にテーマとして保存しておかないと、ほかのVisual Styleに変更してから元に戻す際に、毎回フォントサイズや壁紙などを手作業で変更しなければならないのだ。

 テーマは「画面のプロパティ」の「テーマ」タブで保存する。デスクトップをカスタマイズしていると、テーマ名が「Windows XP(変更済み)」となっているので、「名前をつけて保存」をクリックして、保存ダイアログで好きな名前をつけよう。

カスタマイズしたデスクトップ 「area o4.2」のVisual Styleを適用し、壁紙やフォントサイズをカスタマイズしたデスクトップ
わかりやすい名前をつけて保存 テーマファイルが作成される
デフォルトでは「お気に入りのテーマ」となっているので、わかりやすい名前をつけて「保存」テーマファイルが作成される

 保存したテーマファイルを適用するには、Visual Styleファイルと同様にダブルクリックするだけでいい。「画面のプロパティ」が開いて、カスタマイズしたデスクトップをプレビューできる。反映させるなら「OK」もしくは「適用」をクリックすればいい。Visual Styleだけでなく、指定した壁紙やフォント設定も一発で反映できる。

プレビューを確認できる テーマファイルをダブルクリックすると、プレビューを確認できる

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン