このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

極めろ!デスクトップカスタマイズ第12回

派手に動いて音までなるマウスカーソルに変身させる

2009年07月15日 12時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
宇宙船風のカーソルが動くと、煙が追いかける 「CursorFX」でカスタマイズしたマウスカーソルの例。宇宙船風のカーソルが動くと、煙が追いかける。クリック操作で音も鳴るようにできる

この機能はWindows Vista/XPでお使いいただけます。

 デスクトップをカスタマイズするなら、マウスカーソルにもこだわりたい。ずっと動かし続けるものだけに、小さいながらも存在感があるのだ。Windowsの機能を使って変更する方法から、専用ソフトを使った徹底カスタマイズまで紹介する。


マウスのカーソルを変更する

 まずは、Windowsの設定でカーソルを変更してみよう。コントロールパネルから「マウス」→「ポインタ」タブを開く。「デザイン」のプルダウンメニューをクリックすると、多数の項目が表示される。色違いやサイズ違いのほか、恐竜や手の形などさまざまなカーソルも用意されている。

 カーソルは通常の状態のほか、ヘルプの選択やバックグラウンドでの作業中、待ち状態、ウィンドウの拡大縮小、リンクの選択などで見た目が変わる。Windowsに登録されているデザインでは、これらのカーソルを一気に変更できる。

「ポインタ」タブをクリック プルダウンメニューから選択 「適用」か「OK」をクリックすると反映
「マウスのプロパティ」→「ポインタ」タブをクリックデザインのプルダウンメニューから選択するプレビューが表示される。「適用」か「OK」をクリックすると、反映される
音楽をテーマにした「コンダクタ」のカーソル コミカルな「恐竜」のカーソル
音楽をテーマにした「コンダクタ」のカーソル。通常は手のアイコンで、待ち状態や利用不可状態などは楽器のデザインになっているコミカルな「恐竜」のカーソル。通常は矢印だが、待ち状態やバックグラウンドで作業中は恐竜の形になる

フリーで公開されているカーソルに変更する

 ユーザーが自作したカーソルもネット上で多数公開されている。アニメーションするカーソルもあり、楽しい見た目にできる。ただしこれらは、Windowsに最初から登録されているデザインのような、一括変更ができない。各状態ごとのカーソルを読み込む必要がある。1度設定・保存してしまえば、次回からはメニューから選択できるようになる。ここでは、レイトレーシング風の256色3Dアニメカーソル「3Dアニメーションカーソルパック」(作者:よしくん、フリーソフト http://www.ix.sakura.ne.jp/~yoshi/)を設定してみる。

「ポインタ」タブでベースとなるデザインを選ぶ カーソルを選択
「ポインタ」タブでベースとなるデザインを選び、「参照」をクリックダイアログが開くので、置き換えるカーソルを選択する
変更が済んだら「名前を付けて保存」 プルダウンメニューから新しいデザインを選択
カーソルが設定できた。変更が済んだら「名前を付けて保存」でデザインを保存するプルダウンメニューから新しいデザインを選択できるようになった

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン