このページの本文へ

大容量時代到来! 500Wの準ファンレス電源と850WのEPS電源が登場!

2005年06月11日 23時11分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Antecから以前紹介したファンレス電源「Phantom 350」を準ファンレス化し、容量を500Wに増やした製品「PHANTOM500」が登場した。搭載ファンの回転開始温度は3段階(40/47.5/50℃)に設定可能。設定した温度以下の場合はファンレスで稼動する。24ピンコネクタ/PCI Express分岐ケーブルが付属するためSLIにも対応する。価格はZOA秋葉原本店で2万3980円、TSUKUMO eX.とBLESS秋葉原本店で2万4800円。

PHANTOM500 ファン回転開始温度設定スイッチ
Antec製準ファンレス電源「PHANTOM500」。容量は準ファンレス電源最強の500Wケーブルの下にあるスイッチでファンの回転開始温度を変更できる

 また、PC Power&Coolingからは容量850WのSSI-EPS電源「TURBO-COOL 850 SSI」が登場した。12V電源は独立4系統で各17A、最大62Aと大出力。PCI Express用補助電源コネクタ×2を装備するためSLIにも対応する。ショップによると「“GeForce 6800 Ultra”クラスのSLIでも余裕」とのこと。価格はUSER'S SIDEで7万3290円。なお、容量510Wの「TURBO-COOL 510 Express/SLI」も用意されており、こちらは3万6540円となっている。

「TURBO-COOL 850 SSI」 大きさ比較
大容量850W電源「TURBO-COOL 850 SSI」。「TURBO-COOL 850 SSI」(左)と「TURBO-COOL 510 Express/SLI」(右)。「TURBO-COOL 850 SSI」は奥行きが23cmあり、普通の電源より約5cmも長い!
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ