このページの本文へ

新Athlon 64? いや電源だった……

2005年07月08日 22時25分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 FSPから“Athlon 64”のリテールパッケージにそっくりなデザインのATX電源「FSP400-60GLN」が登場した。両者を見比べてみると、確かに似ている……。販売元はDEKA。もちろんAthlon 64専用というわけではなく、Pentium 4でも使用可能だ。

パッケージ
“Athlon 64”のリテールパッケージにそっくりなデザインのATX電源「FSP400-60GLN」
Athlon 64
ちなみに、こちらが“本物”の“Athlon 64”のリテールパッケージ。見比べると分かるが、かなり細部まで似た印象だ

 ご覧のようにパッケージは、緑とオレンジ(色合いは多少異なるが)を基調としたカラーリング、従来CPUが見える小窓に電源の画像、モデルナンバーを表記する左上にはワット数……などなど、かなり細部まで似た印象だ。
 肝心の電源本体は400Wタイプの製品で、冷却ファンに120mm角を採用。ケーブルは24ピンメインコネクタ(20ピン対応)やSerial ATA×2、PCI Express用6ピン×1と一般的なスペックとなっている。価格はテクノハウス東映で6380円、T-ZONE.PC DIY SHOPで6480円となっている。

電源本体 スペック
電源本体は400Wタイプの製品。冷却ファンに120mm角を採用するスペック表。ケーブルは24ピンメインコネクタ(20ピン対応)やSerial ATA×2、PCI Express用6ピン×1など
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ