このページの本文へ

サイズからファンコントロール可能な準ファンレス電源が来週登場予定!

2005年07月08日 23時39分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サイズから同社オリジナルの準ファンレス電源「STEALTH POWER」が来週登場する予定だ。現在、サンプル版をBLESS秋葉原本店で展示している。ファンコントロール機能を搭載し、ユーザーが内蔵ファンのON/OFFや回転開始温度を選択できるのが特徴。容量は、準ファンレス状態での動作で450W、ファンレス状態で350Wまでとなっている。

「STEALTH POWER」
来週登場予定のサイズ製準ファンレス電源「STEALTH POWER」

 FFCS(Flexible Fan Control System)というファンコントロール機能を搭載し、本体に搭載されたツマミを調整することで、内蔵ファンのモードを変更できる。モードは計6種類あり、常時回転の“AUTO”モード、常時停止の“OFF”モード、一定の温度(50/60/70/80℃の4つ)になるとファンが自動運転するモードが用意されている。ケーブルは、24ピンメインコネクタ(20ピン対応)×1、12V用4ピン×1、Serial ATA用15ピン×2、PCI Express用6ピン×1、FDD用4ピン×1、ドライブ用4ピン×8。BLESS秋葉原本店では13日発売としており、予価は1万6800円。高速電脳は来週中発売予定で予価1万6800円。TSUKUMO eX.とCUSTOMは来週中発売予定で価格未定となっている。

ファンコン 内蔵ファン
ツマミでファンの動作を、常時停止のファンレス状態から常時回転まで、計6タイプから選択可能内蔵ファンは8cm角。ケーブルはすべてメッシュ結束加工されている
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ