このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

3社からATX電源8モデルが一挙登場!

2005年03月25日 20時58分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Ultra Products、アビー、Antecの3社からATX電源8モデルが登場した。Ultra Products製「X-Connect 500W ATX PS w/2 80mm Fans」は容量500Wで本体色違いの3モデル、アビー製「SR-1450A」は容量450Wの1モデルのみ、Antec製“TRUEPOWER 2.0”シリーズは容量550/480/430/380Wの4モデルというラインナップになっている。

X-Connect 500W ATX PS w/2 80mm Fans
Ultra Products製の容量500WのATX電源「X-Connect 500W ATX PS w/2 80mm Fans」。カラーはブラック/チタン/ブルー
SR-1450A
アビー製の容量450WのATX電源「SR-1450A」。環境温度25度におけるMTBF(寿命期待値)は14万時間と長寿命をうたっているところは前モデル同様

 Ultra Products製「X-Connect 500W ATX PS w/2 80mm Fans」は容量500W。電源本体に必要なケーブルだけを接続するケーブル着脱式となっており、今回の製品は珍しくマザーボードに電源供給を行なうメイン電源ケーブルも着脱式となっている。電源供給用のポートは、12V4ピンペリフェラルケーブル用ポート×5、Pentium 4用4ピンプロセッサパワーポート×1、Pentium III用Xeonマザー用6ピンポート×1、20ピンのメイン電源ケーブル用ポート×1。80mmファンを2つ搭載しており、パッケージには“LOW NOISE”と記載されているが騒音値は不明だ。ケーブルは全部で9本同梱されており、そのうち1つはY字型のSerial ATA用ケーブルとなっている。またケーブルはブラックライトを当てることにより暗所で青く発光するUV発光タイプを同梱している。カラーはブラック/チタン/ブルーの3モデルとなっており、価格はOnenessで1万2750円、ツクモパソコン本店IIで1万3380、高速電脳で1万3900円(ブルーのみ)。

本体 ケーブル
電源本体に必要なケーブルだけを接続するケーブル着脱式ブラックライトを当てると青く発光するUV発光タイプのケーブルが9本同梱されている

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ