このページの本文へ

容量500Wの静音電源「XG MAGNAM」が明日登場予定! なんとLCDも装備!

2005年10月07日 22時06分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 MGEから容量500Wの静音電源「XG MAGNAM」が明日登場予定だ。本体に温度や電力を表示するLCDを搭載しているほか、電圧の状態を知らせるランプなどが装備されている。

「XG MAGNAM」 ケーブル接続部
容量500Wの静音電源「XG MAGNAM」。内部の熱は、電源から飛び出したヒートシンクによって外部に放熱される。中央の黒い部分が温度や電力を表示するLCDケーブル接続部。使用しないコネクタには黒いカバーを被せてホコリの進入を防げる

 本体は2mm厚のアルミ板で成型されており、内部に銅製のヒートシンクと8cmファンを内蔵。電源スイッチの横にはLCDを搭載しており、電源内部の温度、消費電力、12V線の電圧をモニターできる。また、電源内部が高温になると警告音で知らせるアラーム機能も搭載。各ケーブルは最近流行の着脱式となっており、ケーブルを接続しないコネクタにはカバーを被せることでホコリの進入を防ぐことができる。ATX ver2.01に対応しており、電源本体のコネクタはATXメイン(20/24ピン)×1、ATX12V×1、PCI-Express(6ピン)×2、HDD用×6、FDD用×1、Serial ATA用×2を用意。コネクタの横には電圧監視ランプが搭載されており、12/5/3.3Vのどの電圧を使用しているかもランプで確認できる。本体サイズは153(W)×181(D)×88(H)mm。フェイスで明日発売予定で予価1万9800円 。

LCD 電圧監視ランプ
LCDでは、電源内部の温度、消費電力、12V線の電圧をモニターできる本体のコネクタ側には電圧監視ランプが搭載されており、12/5/3.3Vのどの電圧を使用しているかもランプで確認できる
LCD 電圧監視ランプ
本体から飛び出した部分には、銅製のヒートシンクが搭載されているケーブル類。写真のケーブルはサンプルで、製品に同梱されるケーブルは別なものになるという
※訂正:タイトルと本文中に「容量500Wの準ファンレス電源」とありましたが、これはショップ側の間違いでした。「ファンが停止するという記述がマニュアルなどに記載されていないため、準ファンレスではない」とのことです。訂正いたします。
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ