このページの本文へ

FSB533MHzに対応したPentium Mキューブ型ベアボーンがAOpenから!チップセットは“i855GME”のまま

2005年03月10日 22時24分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 昨年12月に発売となったAOpen製Pentium Mキューブ型ベアボーンPC「XC Cube EZ855」。チップセットはFSB400MHz対応の“i855GME”となっていたが、チップセットもマザーボード型番も同じままでFSB533MHzに対応させたという新バージョン「XC Cube EZ855-II」が登場した。

「XC Cube EZ855-II」
AOpen製Pentium Mキューブ型ベアボーンPCの新バージョン、「XC Cube EZ855-II」

 “i855GME”は公式の仕様ではFSB400MHzまでの対応。AOpenによると、マザーボード上へのFSB切り替え用ジャンパピンの追加、BIOSの変更によりFSB533MHzに対応させたとのことで、実際にFSB533MHz版Pentium Mの動作を確認しているという。しかし、AOpenのウェブサイトに掲載されているマザーボード型番は“UX855GME”のままとなっている。
 その他のスペックは前モデル「XC Cube EZ855」と代わらず、ケースのデザインもそのまま。拡張スロットはAGP×1、PCI×1、DIMM×2でPC2700(DDR333)DDR SDRAMまでの対応。最大メモリ容量は2GB。ベイ数は5インチ×1、3.5インチ×2、3.5インチシャドウベイ×1。チップセットによるグラフィック機能、IEEE1394、Realtek製“RTL8110SB”チップによるギガビットイーサネットがオンボード。電源容量は275W。価格はTSUKUMO eX.で4万5800円、T-ZONE.PC DIY SHOPで4万6800円。

内部 533にチャレンジ
前モデルとの違いはマザーボードにわずかに手が加えられたのみAOpenによるとFSB533MHz版Pentium Mの動作を確認しているとのことだが、“i855GME”本来の仕様ではないという点は注意
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ