このページの本文へ

TVチューナ内蔵のLGA775対応キューブがデモ中!

2005年03月24日 22時12分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ShuttleからLGA775対応のキューブ型ベアボーンPC「SB83G5C」が登場した。TVチューナカードを内蔵し、専用リモコンが付属するなどHTPC(ホームシアターPC)を意識した作りとなっている。

SB83G5C VFD
LGA775対応のキューブ型ベアボーンPC「SB83G5C」のサンプル版。TVチューナカードを内蔵するパンフレットに掲載されているフロントパネルの様子。アークでは週末にかけてデモを行う

 この製品は、同社製キューブ型ベアボーンPCとしては珍しくTVチューナカードを内蔵するのが特徴。デザインもブラックの筐体にミラー加工が施されたフロントパネルを採用するなど、全体的に落ち着いた雰囲気だ。また、そのフロントパネル下部にはVFD(蛍光表示管)パネルを装備し、システム情報をはじめとした様々な文字が表示される仕組み。付属の専用ソフトとリモコンによって、DVD/音楽再生やTV/ラジオの操作が可能という。
 搭載チップセットはVGA機能を統合する“i915G+ICH6R”で、拡張スロットはPCI(TVチューナーカードが使用している)/PCI Express x16が1本ずつという構成。6チャンネルサウンドやギガビットイーサネット、IEEE1394、Serial ATAなどがオンボード。現在サンプル版を展示中のアークによると「TVチューナカードを国内対応にするなど、色々変更しなければならない点も多く、具体的な発売時期は未定」としているが、価格は約5万5000円ほどになりそうとのこと。週末にかけてはデモも行うようなので、ひと足先に見てみたいユーザーは寄ってみるといいだろう。

フロントパネル背面 専用リモコン
フロントパネル背面の様子。VFD(蛍光表示管)パネルを装備し、システム情報をはじめとした様々な文字が表示される付属の専用リモコン。DVD/音楽再生やTV/ラジオもの操作が可能のようだ
内部 TVチューナーカード
内部。搭載チップセットはVGA機能を統合する“i915G+ICH6R”。拡張スロットのPCIはTVチューナカードが占有するため、実質的には使えない標準で装備するTVチューナーカード。スペース的に制限を受けるキューブ型で使用するため、コンデンサの配置などを考慮した作りとなっているという
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ