このページの本文へ

「Pentium 4 Processor LGA775 With EM64T」3.80GHz版と3.20GHz版も単品販売開始!

2005年01月20日 22時57分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 18日(火)に単品販売がはじまったはかりの「Pentium 4 Processor LGA775 With EM64T」。3.60GHz版と3.40GHz版に加え、本日は3.80GHz版と3.20GHz版がショップに入荷し販売がはじまっている。現在の「Pentium 4 Processor LGA775 With EM64T」のラインナップ中の最上位モデルと最下位モデルにあたり、これで4種類のクロックが全て購入可能となった。

4種類
3.80GHz版と3.20GHz版の「Pentium 4 Processor LGA775 With EM64T」も単品販売開始。4種類のクロックが全て店頭に並ぶことに

 動作クロック以外のスペックは3.60GHz版あるいは3.40GHz版とも全く変わらず、LGA775対応、FSB800MHz、2次キャッシュ1MB。3.80GHz版と3.20GHz版では動作クロックに600MHzの開きがあるが、コア電圧も1.4Vと同数値だ。S-Specは3.80GHz版が“SL7P2”、3.20GHz版が“SL7LA”だ。価格は3.80GHz版がクレバリー1号店で7万1368円、TSUKUMO eX.で7万2980円、T-ZONE.PC DIY SHOPで7万6104円、ラオックス ザ・コンピュータ館で8万4800円。3.20GHz版がラオックス ザ・コンピュータ館で3万980円。

3.80GHz版 マーキング
シリーズ最高クロックの3.80GHz版。“EM64T”以外の点については既存のPentium 4と大きな違いはない3.80GHz版のヒートスプレッダ表面のマーキング。S-Specは“SL7P2”
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ