このページの本文へ

FSB533MHzに対応したPentium Mマザー「i915GMm-HFS」が秋葉原で一斉に登場

2005年03月17日 21時25分更新

文● 美和

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 AOpenからFSB533MHzに対応したPentium Mマザー「i915GMm-HFS」が登場した。チップセットはVGA機能“Intel GMA 900”内蔵の“i915GM”+“ICH6M”という構成。インターフェイスはPCI Express x16×1、PCI Express x1×1、PCI×2。4本のDDR2 533対応のメモリスロット(デュアルチャネル)を搭載する。

本体 インターフェイス
FSB533MHzに対応したPentium Mマザー「i915GMm-HFS」インターフェイスはPCI Express x16×1、PCI Express x1×1、PCI×2
メモリスロット CPUファン
メモリスロットはDDR2 533に対応。最大2GBまで搭載可能CPUファンが付属する

 なお同社のウェブサイトによると、今回の製品には本来同梱されるはずであった“SpeedStep”機能を使用可能にするツール“SpeedStepUtility”が付属しておらず、3月下旬からダウンロードが開始されるという。またHDTV出力をする際には基板上のジャンパーピンを4つ外さなければならず、下記の写真のように出力可能なインターフェイスの組み合わせが10通りあるので注意。価格は以下の表の通り。

インターフェイス 組み合わせ
インターフェイスはUSB 2.0×4、ギガビットイーサネット×2、D-Sub×1、DVI×1、D端子などHDTV出力可能なインターフェイスの組み合わせ
価格 ショップ名
\32,800 T-ZONE.PC DIY SHOP
俺コンハウス
\34,480 TWOTOP秋葉原本店
\35,490 USER'S SIDE本店
\35,800 ドスパラ秋葉原本店
ドスパラ秋葉原2号店 Prime館
ドスパラアキバ店
アーク
高速電脳(完売)
\37,300 ラオックス PC・DIY SHOP
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ