このページの本文へ

星野金属工業の1000系スタンダードケースに新製品「MT-PRO1450 Solidline MaXFlow」が販売開始

2003年07月24日 21時38分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
MT-PRO1450 サイドの吸気用ファン
「MT-PRO1450 Solidline MaXFlow」サイドの吸気用ファンに大型の120mm角を採用するのはめずらしいだろう

 星野金属工業(ソルダム)から、同社の1000系(型番)のスタンダードケースに新製品「MT-PRO1450 Solidline MaXFlow」が加わった。基本的なデザインは「MT-PRO1400」を踏襲しているが、サイドには大型の120mm角“吸気”ファンを装備するなど名前の通り、ケース内のエアフローを考慮したという。



フロントの92mm角 フィルター
フロントの92mm角のファンも吸気タイプだ吸気タイプのファンにはフィルター標準装備

 そのエアフローシステムだが、ひとつはサイドに120mm角の“吸気”ファン「SF120(ノイズ21db以下、回転数1000rpm)」を装備している。またフロントの92mm角のファン「SF92(ノイズ27db以下、回転数2200rpm)」も同じく吸気タイプを採用している。どちらも吸気用のためにフィルターは標準装備している。背面には従来通り80mm角の「SF80(ノイズ21db以下、回転数1900rpm)」を装備し、こちらは排気用となる。同社によれば「ケース内に大量のエアを導入することで、常に正圧状態を維持し、余裕で排気することこそが究極の空冷ケースの姿」ということだ。



内部の構成
内部の構成

 その他構成は「MT-PRO1400」と同じようで、フロントパネルは5インチベイ×4/3.5インチベイ×2の他、パネル下部のフロントアクセスポートを搭載したパネルを外せば、5インチベイとして使用することができる点も同じだ。カラーラインナップはシルバー、ブラック、ブルー、レッドの4色があり、それぞれに電源が450/400/350Wと非搭載モデルが用意されている。
 価格はBLESS秋葉原店で電源非搭載モデルが2万4800円、350Wモデルが2万6800円、400Wモデルが3万800円、450Wモデルが3万3800円となっている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ