このページの本文へ

エプソンダイレクト、モバイルAthlon XP 2200+搭載A4ノート『Endeavor NT2000』を発売

2002年11月12日 11時34分更新

文● 編集部 佐久間康仁

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

エプソンダイレクト(株)は12日、日本AMD(株)が11日に発表した“2200+”を含むノートパソコン向けCPU“モバイルAthlon XP”を搭載可能なA4オールインワンノート『Endeavor NT2000』を発表、同日受注を開始した。CPUにモバイルAthlonXP 1600+-1.4GHz、メモリー256MB、20GB HDD、XGA表示の14.1インチTFT液晶ディスプレーを搭載した最小構成での価格は12万9000円。

『Endeavor NT2000』
『Endeavor NT2000』。モバイルPentium 4-M/モバイルCeleronを搭載する『Endeavor NT-5000』とは排熱設計などが異なるため、後部が少し高くなったチルト形状の新筐体を採用したという

NT2000は購入時にスペックを指定できるB.T.O.方式を採用するA4オールインワンノート。CPUはモバイルAthlon XP 2200+-1.8GHz/2000+-1.667GHz/1800+-1.533GHz/1600+-1.4GHzから、液晶ディスプレーは14.1インチ/15インチ(いずれもXGA表示)から選択できる。チップセットはグラフィックス機能とサウンド機能を内蔵したSiS740。メモリーはPC2100対応のDDR SDRAMで256MBから最大1GB(1024MB)まで搭載可能。HDDは20/30/40/60GBのいずれか1台を、光メディアドライブはCD-ROMドライブ(24倍速)/CD-RWドライブ(R24倍速/RW10倍速/CD24倍速)/コンボドライブ(R24倍速/RW10倍速/CD24倍速/DVD8倍速)のいずれか1台を内蔵可能となっている(HDD、光メディアドライブはいずれも1台内蔵が必須)。インターフェースはIEEE1394、USB 2.0×2ほかを装備する。本体サイズは幅326×奥行き267×高さ49mm、重量は3.3kg。リチウムイオンバッテリーで約2時間の利用が可能(JEITA測定法1.0)。

なお、同時にEndeavor、EDiCubeシリーズの本体価格、およびB.T.O.オプション、液晶ディスプレーの価格改定(引き下げ)を行なった。それぞれの新価格は同社ウェブサイトを参照いただきたい。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン