このページの本文へ

エプソンダイレクト、“EDiCubeシリーズ”のデスクトップとノート12モデルを発表

2002年09月10日 16時37分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

エプソンダイレクト(株)は10日、デスクトップパソコン“EDiCube MXシリーズ”とA4ノートパソコン“EDiCube Rシリーズ”の新製品を発表した。受注センター(TEL.0120-545-101)と直販サイト“オンラインショップ”を通じて、同日付けで受注を開始する。

“EDiCube MXシリーズ”
“EDiCube MXシリーズ”

“EDiCube MXシリーズ”の新製品は、Pentium 4-2.40BGHzとDVD+RW/+Rドライブを搭載した『MX1800HTV』『同PTV』と、Celeron-1.70GHzとCD-R/RW&DVD-ROMコンボドライブを搭載した『MX1600HTV』『同PTV』の4モデル。全モデルとも、TV機能(ハードウェアMPEG-2リアルタイムエンコーダー付きTVチューナー、TV視聴/録画ソフト『Symphovision(シンフォビジョン)』)と、ビデオ編集機能(IEEE1394、Sビデオ入力端子、コンポジットビデオ入力端子、ビデオ編集ソフト『Symphomovie(シンフォムービー)』)を搭載する。

チップセットは845G、メモリーは256MBのDDR SDRAM(最大768MB)、HDDは80GB。ネットワーク機能、FAXモデム、VGA1(アナログ)/DVI-D(デジタル)インターフェース、USB 2.0×4、PCカードスロット(Type II)を装備する。本体サイズは幅88×奥行き392×高さ304mm、重量は7.2kg。価格はWindows XP Home Editionを搭載した『MX1800HTV』『MX1600HTV』がそれぞれ13万9800円、10万9800円。Windows XP Professionalを搭載した『MX1800PTV』『MX1600PTV』がそれぞれプラス7000円、15インチカラー液晶ディスプレー『EDT15AD』と組み合わせるとプラス4万5000円となる。

“EDiCube Rシリーズ”
“EDiCube Rシリーズ”

“EDiCube Rシリーズ”の新製品は、モバイルPentium 4-M-1.80GHzとCD-R/RW&DVD-ROMスリムコンボドライブを搭載した『R550H』『同P』、モバイルPentium-4-M-1.80GHzとスリムCD-R/RWドライブを搭載した『R530H』『同P』、モバイルCeleron-1.50GHzとCD-R/RW&DVD-ROMスリムコンボドライブを搭載した『R350H』『同P』、モバイルCeleron-1.50GHzとスリムCD-R/RWドライブを搭載した『R330H』『同P』の8モデル。

全モデルとも、SXGA+(1400×1050ドット)対応の15インチカラー液晶ディスプレーを搭載し、チップセットは台湾Silicon Integrated Systems社製の『SiS M650』、メモリーは256MBのDDR SDRAM(最大640MB)、HDDは30GB。ネットワーク機能、FAXモデム、USB×4、IEEE1394、PCカードスロット(同)、Sビデオ端子、OSを起動しなくても音楽CDの再生が可能な音楽CD再生ボタン、フロントサウンドコネクター、ウィンドウのスクロールが行なえるスクロールローラーを装備し、Symphomovieが付属する。本体サイズは幅336×奥行き274×高さ38mm、重量は3.0kg(バッテリーパックを含む)。リチウムイオンバッテリー使用時の駆動時間は3.5時間。

価格は、Windows XP Home Editionを搭載した『R550H』『R530H』『R350H』『R330H』が順に17万4800円、16万4800円、16万4800円、15万4800円。Windows XP Professionalを搭載した『R550P』『R530P』『R350P』『R330P』はそれぞれプラス7000円。

併せて、A4ノートパソコン“EDiCube Note BN100シリーズ”では、CPUをモバイルAthlon XP 1400+に統一し、同日付けで値下げする。価格例は、XGA(1024×768ドット)対応の14.1インチカラー液晶ディスプレー、128MBのSDRAMメモリー(最大1GB)、30GBのHDD、ビデオ編集機能、ネットワーク機能、FAXモデム、CD-ROMドライブ、Windows XP Home Editionを搭載した『CD-ROMモデル2』が11万9800円、CD-ROMドライブに替えてスリムCD-R/RWドライブを搭載した『CDRWモデル2』が13万1800円、CD-R/RW&DVD-ROMスリムコンボドライブを搭載した『コンボモデル2』が14万5800円。

さらに、デスクトップパソコン『Endeavor AT920C』の全モデル、『Endeavor Pro1100』『Endeavor MT6100』『Endeavor PT4000』のPentium 4-1.80A/2AGHz搭載モデルも同時に値下げする。価格例は、Pentium 4-1.80AGHz、256MBのRDRAMメモリー、40GBのHDD、最大48倍速CD-ROMドライブ、GeForce2 MX200搭載ビデオカード、サウンド機能、ネットワーク機能、Windows XP Home Editionの構成で10万2000円(旧価格:10万5000円)。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン