このページの本文へ

エプソンダイレクト、デスクトップ向けCPU搭載ノート『NT3000』とコンパクトデスクトップ『AT930C』を発売

2003年01月28日 11時13分更新

文● 編集部 佐久間康仁

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

エプソンダイレクト(株)は28日、B.T.O.(Build To Order)対応のA4ノートパソコン『Endeavor NT3000』、およびAT920Cの後継で幅88×奥行き375×高さ304mmとコンパクトな筺体を採用するデスクトップパソコン『Endeavor AT930C』を発表、同日受注を開始した。最小構成での価格は、NT3000(14.1インチXGA表示TFT液晶/Celeron-2GHz/メモリー256MB/HDD 20GB/24倍速CD-ROMドライブ)が13万2000円、AT930C(Celeron-1.70GHz/メモリー128MB/HDD 40GB/48倍速CD-ROMドライブ)が6万3000円となる。

Endeavor NT3000
『Endeavor NT3000』

NT3000は、CPUにデスクトップ向けのCeleron-2/2.20GHz、またはPentium 4-1.80A/2A/2.40GHz(いずれもFSB400MHz)のいずれかを搭載。チップセットは台湾Silicon Integrated Systems(SiS)社のSiS650で、グラフィックス表示はチップセット内蔵機能を利用する(ビデオメモリーはメインメモリーのうち最大64MBを共用)。メインメモリーは最大1GB(PC2100対応DDR SDRAM)搭載可能。14.1インチまたは15インチでXGA/フルカラー表示のTFT液晶ディスプレーを内蔵し、通信機能は56kbpsモデム(V.90/K56flex対応)と10/100BASE-TXのEthernetを搭載、オプションで無線LAN機能も内蔵できる。I/OはUSB 2.0×2、IEEE1394×2、TV出力(S-Video端子)、オーディオ入出力(光オーディオ出力含む)、アナログRGB、PS/2、シリアル、パラレルなど。HDDは20/30/40/60GBから、光メディアドライブはCD-ROM、CD-R/RW、CD-RW&DVD-ROMコンボドライブから選択可能。PCカードスロットはTypeII×2(TypeIII×1)を装備する。

本体サイズと重量は、幅326×奥行き267×高さ49mm/約3.3kg(バッテリーパック込み)。バッテリーはリチウムイオンタイプで、動作時間は約2時間(JEITA測定法1.0)。プレインストールOSはWindows XP Home Editon/XP Professional/2000から選択可能となっている。

Endeavor AT930
『Endeavor AT930』

AT930Cは、CPUにCeleron-1.70/1.80/2/2.20GHz、またはPentium 4-1.80A/2A(以上FSB400MHz)、Pentium 4-2.40B/2.53/2.66/2.80GHz(FSB533MHz)のいずれかを搭載。チップセットはIntel 845GVで、グラフィックス表示はチップセット内蔵機能を利用する。ビデオメモリーはメインメモリーが128MBでは32MB、256MB以上では64MBをメインメモリーから共用(メインメモリーは最大1GB搭載可能)。HDDは40/80/120/180GBの4タイプ、光メディアドライブはCD-ROM、DVD-ROM、CD-R/RW、CD-RW&DVD-ROMコンボ、DVD+RW/+Rドライブという5タイプからの選択となる。拡張スロットはPCI×2(カード長はどちらも130mm、カード幅は65mmと107mm)。通信機能は10/100BASE-TXのEthernetを搭載。I/OはUSB 2.0×4、オーディオ入出力、アナログRGB、DVI-D、PS/2×2、シリアルなど。

重量は約7.0kg。プレインストールOSはWindows XP Home Editon/XP Professional/2000から選択可能。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン