このページの本文へ

エプソンダイレクト、“Endeavor PCシリーズ”にモバイルPentium 4-M-2.20GHzなどのB.T.Oオプションを追加

2002年09月19日 16時14分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

エプソンダイレクト(株)は19日、同社の“Endeavor PCシリーズ”のB.T.Oオプションに、モバイルPentium 4-M-2.20GHzなどのCPUとGigabit対応ネットワークカード『インテル PWLA8390MT』を追加し、受注センター(TEL.0120-545-101)とインターネット販売“オンラインB.T.O”を通じて、同日付けで受注を開始すると発表した。併せて、B.T.Oオプションの値下げを実施する。

『Endeavor NT-5000』
『Endeavor NT-5000』

モバイルPentium 4-M-2.20GHzとモバイルCeleron-1.70GHzを、ノートパソコン『Endeavor NT-5000』に追加した。価格例は、XGA(1024×768ドット)対応の14.1インチ液晶ディスプレー、i845MPチップセット、128MBのDDR SDRAMメモリー、20GBのHDD、最大24倍速CD-ROMドライブ、カナダのATIテクノロジーズ社のグラフィックスチップ『MOBILITY RADEON 7500』、ステレオスピーカー、10BASE-T/100BASE-TX対応のネットワーク機能、Windows XP Home Editionの最小構成に、モバイルPentium 4-M-2.20GHzを組み合わせると21万5000円、モバイルCeleron-1.70GHzを組み合わせると15万3000円。

『Endeavor AT920C』
『Endeavor AT920C』

Pentium 4-2.60GHzを、省スペース型デスクトップパソコン『Endeavor AT920C』と液晶ディスプレー一体型パソコン『Endeavor PT4000』に追加し、Celeron-2.0GHzを『Endeavor AT920C』『Endeavor PT4000』とミニタワー型デスクトップパソコン『Endeavor MT6100』に追加した。価格例は、Endeavor AT920Cの場合、i845GLチップセット、128MBのDDR SDRAMメモリー、20GBのHDD、最大48倍速CD-ROMドライブ、10BASE-T/100BASE-TX対応のネットワーク機能、Windows XP Home Editionの構成に、Pentium 4-2.60GHzを組み合わせると11万1000円、Celeron-2.0GHzを組み合わせると7万1000円。

『PWLA8390MT』は、タワー型デスクトップパソコン『Endeavor Pro1100』に追加した。価格は7500円。

値下げを実施したB.T.Oオプションの価格は、15インチ液晶ディスプレー『LCV-15MAT2』の本体同時購入価格が3万9800円(旧価格は4万2000円)で、単品価格が4万1800円(同4万4000円)、16インチ液晶ディスプレー『LCV-16MAT2』の本体同時購入価格が4万9800円(同5万2000円)で、単品価格が5万1800円(同5万4000円)、書き込み24倍速のCD-R/RWドライブが1万円(同1万2000円)。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン