このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

Linuxザウルス『SL-A300』ファーストインプレッション

2002年08月10日 10時37分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ディレクトリ構成、ファイルシステム、プロセスなど

『SL-A300』には、標準ではターミナルアプリケーションは搭載されていない。ZaurusZoneのWebサイトに『qpe-terminal_1.5.0-2_arm.ipk』が用意されているので、今回の記事ではそれを利用した。

ターミナル画面ターミナル画面。mvやrmも利用できてしまうので注意が必要だろう。コマンドの入力は手書き認識やソフトウェアキーボードを利用するほか、プルダウンメニューから実行することもできる。

/以下のディレクトリ構成は以下のようになっている。

drwxrwsr-x    1 root     root          1228 Jan  1  1970 bin
drwxrwxr-x    1 root     root             0 Aug  8 22:18 boot
drwxrwxr-x    4 root     root          7584 Aug  8 21:59 dev
lrwxrwxrwx    1 root     root             9 Jul  2 17:12 etc -> /home/etc
drwxr-xr-x   11 500      500           1024 Aug  8 21:15 home
drwxrwxr-x    1 root     root          1140 Jan  1  1970 lib
lrwxrwxrwx    1 root     root             8 Aug  8 22:13 mnt -> /var/mnt
drwxrwxr-x    1 root     root            44 Jan  1  2003 opt
dr-xr-xr-x   47 root     root             0 Aug  8 21:58 proc
drwxrwxr-x    1 root     root           184 Aug  8 22:24 root
drwxrwxr-x    1 root     root          1952 Jan  1  1970 sbin
lrwxrwxrwx    1 root     root             9 Jan  1  2003 tmp -> /home/tmp
drwxrwsr-x    1 root     root           304 May 20 15:55 usr
lrwxrwxrwx    1 root     root            16 Aug  8 22:20 var -> /home/system/var

/etc、/mnt、/tmp、/varはシンボリックリンクがあるだけで、実体は/home以下におかれている。

/homeのディレクトリ構成は以下のとおり。

drwxr-xr-x   11 500      500           1024 Aug  8 21:15 .
drwxrwxr-x    1 root     root           224 Jan  1  1970 ..
drwxrwxr-x   14 500      500           1024 Aug  8 22:07 QtPalmtop
drwxrwsr-x   10 root     root          1024 Aug  8 20:49 etc
drwxr-xr-x    2 root     root         12288 Jan  1  2003 lost+found
drwxrwxr-x    9 root     root          1024 Aug  8 22:14 root
drwxrwxr-x    2 root     root          1024 Aug  8 21:58 samba
drwxrwxr-x    7 root     root          1024 Jan  1  2003 sharp
drwxrwxr-x    3 root     root          1024 Jan  1  2003 system
drwxrwxrwt    5 root     root          1024 Aug  8 22:26 tmp
drwxrwxr-x    2 root     root          1024 Jul 29 14:59 userdata

ユーザーが作成したデータや、インストールしたアプリケーションに関するデータなどのほとんどがこのディレクトリに格納されているようだ。

/mntの構成は以下のようになっている。

drwxrwxr-x    3 root     root          1024 Jan  1  2003 .
drwxrwxr-x   11 root     root          1024 Aug  8 20:49 ..
lrwxrwxrwx    1 root     root            17 Jan  1  2003 card -> /usr/mnt.rom/card
lrwxrwxrwx    1 root     root            15 Jan  1  2003 cf -> /usr/mnt.rom/cf
drwxrwxr-x    2 root     root          1024 Jul 29 15:00 ide
lrwxrwxrwx    1 root     root            16 Jan  1  2003 net -> /usr/mnt.rom/net

/mnt以下には、card、cf、ide、netのマウントポイントが用意されている。このうちcardがSDメモリーカード、cfがコンパクトフラッシュといった具合になっているようだ。SDメモリーカード上にあるファイルは、/mnt/card以下に格納されていた。

ファイルシステムは、以下のような構成になっている。/etc、/mnt、/tmp、/varなどがおかれる/homeはext2、SDメモリーカードはFAT32を使用している。

/dev/root on / type cramfs (ro)
/proc on /proc type proc (rw)
/dev/ram1 on /dev type minix (rw)
/dev/mtdblock1 on /home type ext2 (rw,sync)
none on /dev/pts type devpts (rw)
/dev/mmcda1 on /usr/mnt.rom/card type vfat (rw,noatime)

リブート直後にpsコマンドを実行した結果は以下のとおり。

PID TTY      STAT   TIME COMMAND
1 ?        S      0:00 init
2 ?        SW     0:00 [keventd]
3 ?        SW     0:00 [kapm-idled]
4 ?        DW     0:00 [swapper]
5 ?        SW     0:00 [swapper]
6 ?        SW     0:00 [swapper]
7 ?        DW     0:00 [swapper]
8 ?        SWN    0:00 [ksoftirqd_CPU0]
9 ?        SW     0:01 [kswapd]
10 ?        SW     0:00 [kreclaimd]
11 ?        SW     0:00 [bdflush]
12 ?        SW     0:00 [kupdated]
13 ?        SW     0:11 [mtdblockd]
97 ?        S      0:00 /sbin/sdmgr
131 ?        S      0:00 /sbin/cardmgr
142 ?        S      0:00 /usr/sbin/inetd
162 ?        S      0:00 /home/QtPalmtop/bin/atd /var/spool/at
192 ?        S      0:00 /bin/sh ./qpe.sh
193 ?        S      0:00 /sbin/shsync
216 ?        SN     0:36 qpe
228 ?        S      0:00 /usr/sbin/dhcpd -cf /etc/hotplug/dhcpcd.conf -lf /var
233 ?        S      0:00 smbd -D -l /dev/null
235 ?        S      0:00 nmbd -D -l /dev/null
253 ?        S      0:13 smbd -D -l /dev/null
262 ?        SN     0:02 addressbook -qcop /tmp/qcop-msg-addressbook
267 ?        SN     0:06 datebook -qcop /tmp/qcop-msg-datebook
273 ?        SN     0:02 todolist -qcop /tmp/qcop-msg-todolist
278 ?        SN     0:05 zimager -qcop /tmp/qcop-msg-zimager
284 ?        SN     0:05 textedit -qcop /tmp/qcop-msg-textedit
290 ?        SN     0:02 calculator -qcop /tmp/qcop-msg-calculator
316 ?        SN     0:03 embeddedkonsole -qcop /tmp/qcop-msg-embeddedkonsole
319 ttya0    SN     0:00 /bin/bash
388 ttya0    RN     0:00 ps x

smbdなどが起動しているほか、アドレス帳やカレンダーなどのプロセスもバックエンドで動作している。一方、世界時計など、起動が遅いと感じられたアプリケーションはこの時点では起動していないところを見ると、よく使われそうなアプリケーションは常駐するように設定されているようだ。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

ピックアップ