このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

NEC「VALUESTAR」&「LaVie」夏モデル

NEC「VALUESTAR」&「LaVie」夏モデル

2001年05月21日 12時59分更新

文● 岡本

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本電気(株)は、コンシューマ向けデスクトップ「VALUESTAR」とノートPC「LaVie」のラインナップを一新し、夏モデル新製品を発表した。5月下旬から順次出荷が開始される。

 まず、デスクトップPCのVALUESTARは、「VALUESTAR T/C/L/M」の4シリーズ構成はこれまでと変わらず、主に基本スペックの強化が図られている。VALUESTAR Lの下位2モデルを除く全機種のメインメモリが128MBになったほか、コンボドライブ搭載機が大幅に増えたのが特徴だ。また、添付のオフィスアプリは「Office XP Personal」に変更されている。

17.5インチワイド液晶が新登場の
TV機能搭載モデル VALUESTAR T

TV機能搭載の「VALUESTAR T」に登場した17.5インチワイド型液晶モニタのセットモデル。動画に適した高輝度での表示機能も持つ。

 TV録画を始めとするAV関連機能を標準装備する「VALUESTAR T」は、CRTセットが1モデル、液晶モニタセットが5モデル用意される。セットとなる液晶モニタは全モデルワイド型液晶で、従来モデルに用意されていた15.3インチタイプに加え、さらに大きい17.5インチタイプが用意された。このワイド型液晶モニタは、モニタの輝度を通常の液晶モニタと同じ200cdと、TVの明るさに近い500cd/m2(17.5インチタイプは400cd/m2)の2モードに切り替えることが可能で、PCの用途に合わせて最適な輝度で利用することができる。解像度はともに1280×768ドット。

 そのほか、MPEG2形式での録画が可能なTV機能、CD-RW/DVD両対応のコンボドライブを、VALUESTAR Tの全機種で搭載するほか、最上位の「VT770/0D」はBSデジタル放送の受信機能、および5.1ch対応の外付けサラウンドスピーカが付属する。


製品名 VT300/0D VT500/0D VT550/0D VT700/0D VT750/0D VT770/0D
CPU PentiumIII-1BGHz Celeron-800MHz PentiumIII-1BGHz Celeron-800MHz PentiumIII-1BGHz PentiumIII-1BGHz
メモリ 128MB
ビデオ i810E GeForce2 MX
HDD 60GB 80GB
ドライブ DVD/CD-RW(R8倍速/RW8倍速/DVD8倍速/CD32倍速)
OS Windows Me
モニタ 17インチフラットCRT 15.3インチTFT(ワイド) 17.5インチTFT(ワイド)
Office XP

シンプルな省スペースPCと液晶モニタのセット
VALUESTAR C

こちらは通常タイプの液晶モニタがセットの「VALUESTAR C」。コンボドライブを内蔵するほかは、装備的にはごくスタンダードなモデルである。

 「VALUESTAR C」は、省スペースPCと液晶モニタがセットとなったスタンダードモデルで、モニタは一般的な4:3タイプの15インチTFT液晶。また、VALUESTAR T/Cシリーズに共通するスペックだが、全機種メモリが128MB搭載されるようになったほか、内蔵コンボドライブが書き込み/書き換えとも8倍速対応になった点にも注目したい。


製品名 VC800H/8FD1 VC1000J/8FD
CPU Celeron-800MHz PentiumIII-1BGHz
メモリ 128MB
ビデオ i810E
HDD 40GB 60GB
ドライブ DVD/CD-RW(R8倍速/RW8倍速/DVD8倍速/CD32倍速)
OS Windows Me
モニタ 15インチTFT
Office XP

新設計の筐体を採用したお買い得省スペースPC
VALUESTAR L

筐体&キーボードが一新されたDuron/Athlon搭載の省スペースPC「VALUESTAR L」。格安モデルといっても、全モデルCD-RWドライブかコンボドライブを搭載する。

 AMD製CPUのDuron/Athlonを搭載する省スペースPCに、CRTをセットにしたお買い得モデル「VALUESTAR L」は、今回筐体やキーボードのデザインを一新した(エントリーモデルの「VL750R/85A」を除く)。

 新筐体に内蔵されるマザーボードには、VIAの統合チップセット「Apollo KL133」を採用したほか、本体フロント部にUSBやIEEE1394、PCカードなどのインターフェイスを用意するなど、装備的にVALUESTAR T/Cシリーズに引けを取らない内容となった。さらにエントリモデルでもCD-RWドライブ、上位モデルにはコンボドライブを内蔵するなど、スペック的にも十分なもの。PCを使ったインターネットの利用だけでなく、さらにプラスαの機能を求めるユーザーに適したマシンと言えよう。


製品名 VL750R/85A VL800R/85DR VL800R/85D VL800R/87D VL1100N/87E
CPU Duron-750MHz Duron-800MHz Duron-800MHz Duron-800MHz Athlon-1.1GHz
メモリ 64MB 128MB
ビデオ Nvidia Vanta Apollo KL133
HDD 40GB 60GB 80GB
ドライブ CD-RW(R8倍速/RW4倍速/CD32倍速) DVD/CD-RW(R8倍速/RW4倍速/DVD8倍速/CD32倍速) DVD/CD-RW(R8倍速/RW8倍速/DVD8倍速/CD32倍速)
OS Windows Me Windows 2000
モニタ 15インチCRT 15インチフラットCRT 17インチフラットCRT
Office XP

最高速CPU、Pentium 4-1.7GHzを搭載した
VALUESTAR M

17インチCRTセットとモニタレスの2モデルが用意される「VALUESTAR M」。Pentium 4-1.7GHzを搭載するVALUESTARのトップモデルである。

 Pentium 4搭載のミドルタワー「VALUESTAR M」は、CPUが最新の1.7GHzに変更された以外に大きな変更点はない。CPU以外の主なスペックは、メモリが128MB(PC800 RIMM)、HDDは80GB、GeForce2 GTS搭載のビデオカードと8倍速書き込み対応のCD-RWを装備し、OSはWindows 2000 Professionalである。


製品名 VM1700S/8ZE VM1700S/87E
CPU Pentium 4-1.7GHz Pentium 4-1.7GHz
メモリ 128MB
ビデオ GeForce2 GTS
HDD 80GB
ドライブ CD-RW(R8倍速/RW4倍速/CD32倍速)
OS Windows 2000
モニタ 17インチフラットCRT
Office XP

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン