このページの本文へ

徹底解析 厳選定番英日/日英翻訳ソフト10本+α

徹底解析 厳選定番英日/日英翻訳ソフト10本+α

2001年01月12日 22時47分更新

文● 中村嘉隆

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

タイプ別ソフト選び

 さて、いくら編集部がオススメしても、使う人の状況や目的によっては「そんなの関係ない」と思われることもあるだろう。そこで使う人のタイプ別に翻訳ソフトを分類してみた。

★とにかく翻訳はスピードだ!……スピード狂のあなたへ

 翻訳はスピードが命! とにかく早く日本語にしてくれー。という人にはWindows、Macintoshともに「翻訳ピカイチ バイリンガル」(Windows版Macintosh版)がオススメだろう。テスト結果でも一目瞭然だが、ともに翻訳スピードはダントツの速さなので、今使っている翻訳ソフトの遅さに耐えられない、という方にはオススメだ。

★簡単でわかりやすいものを使いたい……難しいことは好きじゃないあなたへ

 いろんな機能があっても使い方が難しいのはイヤ。簡単に使えるものが欲しい。という人には「訳せ!!ゴマ バイリンガル Ver.6」がお勧め。とくに英文作成の際にはウィザード形式の「代筆!!大魔人」を使えば、初めてでも簡単に英作文ができること間違いなし。

★ビジュアル重視……遊び心も忘れていないあなたへ

 翻訳ソフトは家庭よりもむしろ会社で使用されることが多いため、ビジネスユース的色合いが強く地味なジャンルであるが、その中に1本だけにぎやかに動きしゃべるソフトがある。「インターネット翻訳の王様 POWER+王様の辞書」だ。いろいろなキャラクターや音声付きアニメによるチュートリアル、江戸っ子調や赤ちゃん風の語尾設定など、いろいろなところに遊び心が見受けられる。もちろん基本となる翻訳機能もしっかりしている。翻訳ソフトをおもしろく使いたいという人にお勧めだ。マニュアルが苦手な人にもいいだろう。

★英語の学習にも使いたい……勉強好きのあなたへ

 翻訳結果を単に受動的にながめるだけでなく、積極的に英語の勉強にも使ってみたい、という受験生などに向いたソフトは「Power E/J 翻訳プラス辞書 これ一本!バイリンガル」だ。Power E/Jのおまかせ訳振りの単語テスト機能でインターネット上の英文を勉強素材に使えば、ほぼ無限に(毎日新しい単語が出題される)問題集ができあがる。これで英語問題はバッチリ得点源になる!?

★日英翻訳しか使わない…読みはバリバリ、書くのはさっぱりのあなたへ

 個人で使用する際にメインとなるのは英日翻訳であると思われるが、英語を読むのは結構いけるのだけど、書くほうがどうも、という方にお勧めなのが「翻訳ブラザーズ」だ。定評あるTransland日英翻訳エンジンがあなたの思っていること、言いたいことを見事に英語にして世界に発信してくれるはずだ。

 以上のような結果になったが、 翻訳の基本となる翻訳精度はユーザー辞書、例文辞書への登録といったユーザー自身の使い込みによる点が非常に大きく影響する。
 たとえば英日翻訳のサンプルで「一度からはじまるために、【法廷】the order【全く】recount。」と英単語を残してしまった翻訳ブラザーズでも、「manual」-手作業による、「recount」-数え直し、と設定してやれば「法廷は全く手作業による数え直しに一度から始まるように命じました。」という結果になり標準以上の訳になる。
 ほとんどすべての翻訳ソフトにユーザー辞書機能など、ユーザー側でカスタマイズ可能な機能が付いているため、単純にデフォルトの設定だけでは本当の翻訳精度を評価しがたいのも事実である。デフォルトの機能を翻訳精度の下限として、ユーザーがどれだけカスタマイズできるかが重要となってくる。また、別売りの専門辞書を付け加えることで訳が見違えて良くなる場合もあるので導入してみるのもいいだろう。
 また、ビジネス上での翻訳作業をメインに考えているためか、Mac版は製品ラインナップが少ない。あってもバージョンが古いといった状況だ。個人や家庭にインターネットが当たり前に入ってきている現状に合わせ、ソフト各社にもMac版の充実を期待したいところだ。Linux版については、唯一、対応バージョンが同梱されている翻訳の王様に限られることになる。

 さて、あなたにぴったりの1本は見つかっただろうか? 今回のレビューを参考に翻訳例・機能・速度・付属ユーティリティなどを総合的に考えて、自分にあった翻訳ソフトを見つけてほしい。きっとこれであなたのインターネットの世界はぐんと広がるに違いない。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン