このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

AtermWL50T & WL11CワイヤレスLANセット

AtermWL50T & WL11CワイヤレスLANセット

2000年12月13日 14時21分更新

文● 山崎

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

エントリレベルの無線LAN対応ダイヤルアップルータとして十分な機能を持つ

 こうしてみると、とにかく使いやすさを重視した初心者向けのダイヤルアップルータという感じだが、静的なアドレス変換テーブル(NATテーブル)の設定や、IPアドレスおよびポート番号を指定してのパケットフィルタリングも可能なので、ネットワークゲームへの対応や、セキュリティ対策の面でも十分な機能を持つ。

 無線ネットワークにおいても、ネットワークを固有の文字列(ESSID)によって識別したり、あらかじめMACアドレスを登録しておいたネットワークカードを搭載する端末以外からの接続を制限したりもできる。さらにWEPによる無線通信の暗号化にも対応しているので、電波の盗聴に対するセキュリティ対策は万全といえよう。

ベースマネージャ画面
AtermWL50Tの本体機能設定のほか、無線LANの暗号化や接続制限、ダイヤルアップ時のNATテーブルやパケットフィルタの設定などはらくらくアシスタントの「ベースマネージャ」で行う。動作ログを参照することも可能だ。

 ちなみにAtermWL50Tをアクセスポイントとして使用し、10BASE-TのEthernetで接続したPCと、AtermWL11Cを搭載したPCとの間でファイルのコピーを行ってみたところ、4Mbps程度の実効速度が得られた。100Mbpsの有線ネットワークと混在させる場合は、最大11Mbpsという無線LANのスペックがボトルネックになり得るが、インターネットアクセスのためなら十分なパフォーマンスを持っている。

 またスペック上の無線での通信範囲は、11Mbpsで通信を行う場合は屋内で最大25mまでとなっている。実際に試してみたところ、見通しでは25m程度なら安定して11Mbpsでの通信が行えた。また電波状態に応じて通信速度は11/5.5/2/1Mbpsの間で自動的に切り替わるので、11Mbpsでの通信が突然途切れてしまうということはない。無線状況をリアルタイムに監視できる「サテライトマネージャ」をタスクトレイに常駐させて電波状態を常に確認することも可能だ。無線での同時接続台数は10台以下での運用が推奨されているが、伝達距離も含めて、家庭で使うなら十分なスペックと言えよう。

 シリアルやUSBポートを使ってAtermWL50Tを単体のTAとして利用する場合、機能的にはAtermのエントリモデルである「AtermIT21L」相当となる。2つ装備するアナログポートは、i・ナンバーやINSナンバー・ディスプレイなどに対応し、INSネット64の付加サービス契約を結ばなくても同等の機能を実現する“疑似機能”を豊富に搭載しているため、インターネットへの接続だけでなくアナログ電話機やファクスを活用したいユーザーも不満はないだろう。

 AtermWL50T & WL11CワイヤレスLANセットは、複数のPCを使ってインターネットにアクセスしたいけど、配線が面倒だしダイヤルアップルータの設定は難しそうと考えているユーザーに、ぜひお勧めしたい製品だ。実売価格も5万円程度と、無線LAN対応のダイヤルアップルータとしては非常に魅力的だ。

 WARPSTARシリーズはこのほか、無線LANのアクセスポイントとルーティング機能だけを提供し、手持ちのTAと組み合せてダイヤルアップ機能を利用する「AtermWL30A」および、USB接続の無線LANアダプタ「AtermWL11U」もラインナップし、それぞれのセットモデルが用意されている。ユーザー環境に合わせて最適な組み合わせが選択できるのもうれしいところだ。

AtermWL50T本体背面AtermWL50Tは背面に、U点、2つのアナログポート、10BASE-T、USB、シリアルの各ポートを備える。左上のスロットはオプションの「S点ユニット(4800円)」増設用。
AtermWL50T本体底面
底面には単3アルカリ乾電池を4本収納でき、停電時でも1つのアナログポートで約2時間の連続通話が可能。奥に見えるディップスイッチは本体の初期化などに使用する。
AtermWL30A本体全体および背面
AtermWL50TからTA機能を取り除き、無線LANのアクセスポイント機能とルーティング機能だけを搭載する「AtermWL30A」は、手持ちのTAを組み合せて利用する。背面にはネットワーク接続用のUSBおよび10BASE-Tポート、TAを接続するためのシリアルとUSB(Atermシリーズ接続専用)端子を搭載する。
接続回線 INSネット64
インターフェイス アナログ×2、シリアル、USB、10BASE-T、無線(IEEE802.11b)
対応OS Windows 98/Me/2000 Professional、
Mac OS 8.6J/9J(AtermWL11CはMac OS未対応)
サイズ 70(W)×157(D)×181(H)mm(AtermWL50T)
54(W)×119(D)×9(H)mm(AtermWL11C)
重量 650g(AtermWL50T)
60g(AtermWL11C)

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン