このページの本文へ

CentreCOM WR211PCM plus/CentreCOM WR211ANT-01

CentreCOM WR211PCM plus/CentreCOM WR211ANT-01

2001年01月16日 22時58分更新

文● 山崎

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アライドテレシス(株)は、IEEE802.11bに準拠した同社の無線LAN製品「CentreCOM WR211シリーズ」の新製品として、外部アンテナを接続できるPCカードタイプの無線LANカード「CentreCOM WR211PCM plus」と、対応する外部アンテナ「CentreCOM WR211ANT-01」を発表した。CentreCOM WR211PCM plusは1月12日よりすでに出荷されており、CentreCOM WR211ANT-01は、1月下旬から出荷が開始される。

 CentreCOM WR211PCM plusは、従来機種「CentreCOM WR211PCM」同様、本体にアンテナを内蔵するのに加え、外部アンテナ接続端子を装備し、同時に発表された外部アンテナ「CentreCOM WR211ANT-01」を接続することで、内部アンテナだけでは電波の送受信状態がよくない環境でも、安定した無線通信を行うことが可能になるという。

 対応OSは、Windows 95/98/Me/NT 4.0/2000で、TypeIIのPCカードスロットを搭載するPCで利用できるほか、別売のPCIバス対応アダプタ「CentreCOM WR211PCI-OP」を使ってデスクトップPCのPCIバスに装着して利用することも可能。

 価格は、CentreCOM WR211PCM plusが1万9800円、CentreCOM WR211ANT-01が5800円。

アライドテレシス(株) 問い合わせ先 0120-860442/info@allied-telesis.co.jp

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン