このページの本文へ

MS最新技術がてんこ盛りの新サービス

Silverlight&Azureで落書きWebサービス

2009年02月10日 08時00分更新

小橋川誠己/企画報道編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 Silverlightを採用した事例にまたひとつ、注目サイトが加わった。動画配信やキャンペーンサイトのアニメーションといった“Flash的”な採用事例がまだまだ多いSilverlightだが、今回紹介するのはJTBグループが公開しているWebアプリケーション「Toripoto(トリポト)」だ。

Silverlightアプリ
Toripotoの実際の画面。画像の保存にはWindows live IDが必要だが、アップロードや加工といった基本操作はIDがなくても利用できる

 Toripotoは、ブラウザー上で画像の加工編集ができるオンラインフォトサービス。旅行会社が提供するサービスらしく、旅の思い出を記録した写真を加工してフォトアルバムを作ろうというのが、そのコンセプトだ。開発・運営には、JTBグループのEC事業子会社のi.JTB、情報システム子会社のジェイティービー情報システム、それにシステム開発会社のイーストの3社があたっている。

 Toripotoを使う手順は、まず最初に画像データをアップロードする。Toripotoのヘッダーに並ぶメニューの中から、「写真をアップロードする」を選択。すると、画像選択のウィンドウが表示される。通常、ブラウザーでは、アップロードするファイルを1つずつ選択する必要があるが、Toripotoでは複数の写真をまとめて選択、同時にアップできるのがありがたい。しかも、アップロード中もToripoto上では並行して編集作業ができるので、“アップ待ち”でイライラすることもない。

Silverlightアプリ
Toripotoでは複数画像をまとめてアップロードできる(左)。アップするとキャンバスの下にサムネイルが並ぶ。ドラッグ&ドロップで配置して、自由に拡大縮小できる(右)

 アップが済むと、キャンバスの下にアップ済み画像のサムネイルが一覧で表示される。この中から好みの写真をつかんで、キャンバスにどんどん放り込んでいこう。キャンバス上の画像はマウスで自由に位置を動かしたり、リサイズできる。さらに、左側にあるツールボックスではさまざまな加工・編集が可能だ。星やハートなどのかわいい形で写真を切り抜いたり、スタンプをぺたぺた押してみたり――ゲーム感覚で気軽に遊べる。

Silverlightアプリ
絵文字風アイコンやイラストなど楽しい絵柄がそろったスタンプツール。落書きツールや吹き出しツールと合わせて遊ぶと楽しい
Silverlightアプリ
5分ほど遊んでみた。動作も軽快、さくさく動くので作業はあっという間に進む

 作業が終わったら、完成したデータをそのまま保存できる(Windows Live IDが必要)。メニューの「新しく保存する」を選んで、名前を付ければOK。保存したデータは「ファイルを開く」を選べばいつでも読み込める。

 実際に使ってみて感じたのは、ユーザーがストレスを感じない操作性を実現している、ということ。大きめのアイコンと日本語のテキストで構成されたユーザーインターフェイスはシンプルで分かりやすい。また、特別なツールを選ばなくても画像の移動や拡大・縮小ができたりと、大半の操作は直感的だ。もちろんその分機能は絞られているのだが、「旅のアルバムを作る」というサービスの目的には十分だろう。動作も非常に軽快・サクサクで、Webアプリケーションであることを忘れさせるほどだ。


Windows Azureで動く“クラウド”事例

 もうひとつ、このToripotoが注目なのは、マイクロソフトのクラウドサービス「Windows Azure」上で動いているからだ。データベースにはAzureのサービスである「SQL Data Services」を、ユーザー認証には「Windows Live ID」を利用している。

Silverlightアプリ
ToripotoのURL「toripoto.cloudapp.net」。「cloudapp.net」はWindows Azure(CTP版)のデフォルトのドメイン。Azureで構築されていると一目で分かる

 JTBではもともとWindows Server上に構築していたToripotoをWindows Azureに移行し、現在は試験的に運用している。先月開催されたマイクロソフトの開発者向けイベント「Tech Days 2009」(関連記事)にゲストとして登壇したジェイティービー情報システム副社長の北上真一氏は、「我々の本業は旅行の予約システム。写真データのような大きなデータを扱う外部向けのサービスは、本業とは異なるサーバーやネットワークインフラが必要だ。その運用管理をマイクロソフトに任せられる」とAzureのメリットを説明していた。

 このToripoto体験サイト、公開は2009年9月末までの期間限定となっている。AzureとSilverlightの組み合わせで何が作れるのか? 気になる人はぜひチェックしておこう。

■関連サイト

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く