このページの本文へ

「Microsoft Tech Days 2009」が開幕

Windows Azure、日本での展開は2010年

2009年01月27日 19時10分更新

文● 小橋川誠己/企画報道編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Tech Days 2009

パシフィコ横浜で開幕した「Tech Days 2009」

 1月27日、マイクロソフトが主催するカンファレンス「Microsoft Tech Days 2009 “Best of PDC”」がパシフィコ横浜で開幕した。このイベントは、昨年10月に米国ロサンゼルスで開催されたPDC 2008(Professional Developer's Conference)の発表内容を、日本のソフトウェア開発者向けに改めて紹介するもの。PDCでは、クラウドOS「Windows Azure」と次期クライアントOS「Windows 7」が発表されたこともあり(関連記事)、Tech Daysでもこれら2つに関連するセッションが多く開催される。


VB登場の100倍の衝撃

Tech Days

Windows Azureを紹介するマイクロソフトの大場執行役

 初日となる27日午前に開催された「マイクロソフトのクラウドコンピューティング戦略」と題したキーノートの主役は、Windows Azure。登壇したマイクロソフト執行役デベロッパー&プラットフォーム統括本部長の大場章弘氏は、「クラウドへの動きはマイクロソフトに過去なかった、斬新な取り組み。Windows Azureには15年ほど前、私がマイクロソフトに入社した当時出会った『Visual Basic 1.0』の100倍の衝撃を受けた」と切り出し、デモを交えながらWindows Azureの概要を紹介した。

 Windows Azureは現在、開発者向けにCTP(Community Technology Preview)版が公開されている状況。2009年中ごろCTP版をアップデートする予定で、同じタイミングで「できる限りの価格/SLA(Service Level Agreement)を公表する」(大場氏)という。日本での商用サービス開始時期については、「今から1年~1年半後で考えている」(大場氏)と明かした。

Tech Days

Windows Azureのロードマップ。日本での商用展開は2010年初頭から中ごろという

 Tech Days 2009は、明日28日までの日程。28日のキーノート「マイクロソフトのクライアント戦略」では、Windows 7に加え、統合開発環境の次期バージョン「Visual Studio 2010」についても紹介される予定だ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ