このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

Word実用文書作成のツボ 第3回

Excelの表を「すっきり」Wordできれいに配置する

2009年02月02日 08時00分更新

文● アスキー・ドットPC編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

■表やグラフのタイトルを付ける

テキスト ボックス

テキスト ボックスで、表やグラフに見出しを付ける

 (1)「図形描画」ツールバーの[テキスト ボックス]ボタンをクリックする。

 (2) ドラッグしてテキストボックスを作成し、文字を入力する。

 テキストボックスが作成されたら、枠線をダブルクリックして「テキスト ボックスの書式設定」画面を表示する。

テキスト ボックスの書式設定

テキスト ボックスの書式設定で、背景色(塗りつぶし)や枠線を消しておこう

 (3)[色と線]タブをクリック。「塗りつぶし」の「色」で(4)[塗りつぶしなし]を選択。  「線」の「色」で(5)[線なし]を選択。(6)[OK]をクリックする。  同様の操作でグラフのタイトルも作成する。


ひと押し
Excelの表とデータを連携させるには?

 Excelの表やグラフをWordに貼り付けるとき、「形式を選択して貼り付け」画面でA[リンク貼り付け]にチェックして貼り付けると、元のExcelの表・グラフが変化すると、Wordに貼り付けた表・グラフも連動して変化するようになります。

リンク貼り付けを選択

[形式を選択して貼り付け]の設定画面で「リンク貼り付け」を選択

 また、リンク貼り付けをした場合は、Wordに貼り付けた表・グラフをダブルクリックするとExcelが起動し、リンク先の表・グラフが読み込まれて編集できます。

 まだ完成していない編集中の表やグラフを貼り付けるときは、リンク貼り付けを利用すると便利です。


アスキードットPCロゴ

R

http://www.asciidotpc.jp/

本記事は「すっきりわかった!ワード 実用文書 作成のツボ」から一部抜粋し、編集・再構成したものです。




■より詳しくなりたい人にオススメBOOK(Amazon.co.jp)


前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ