このページの本文へ

Word実用文書作成のツボ 第3回

Excelの表を「すっきり」Wordできれいに配置する

2009年02月02日 08時00分更新

文● アスキー・ドットPC編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

■表の位置やサイズを変える

書式設定の画面を開く

貼り付けた表を右クリックして、書式設定の画面を開く

 (1) 表を右クリックしてメニューを開いたら、(2)[オブジェクトの書式設定]を選択し、「オブジェクトの書式設定」画面を開く。

オブジェクトの書式設定の画面

表がオートシェイプに重なるよう、レイアウトタブの配置で「前面」を選択

 (3)[レイアウト]タブをクリック。
 一番上に表示するため(4)[前面]を指定。(5)[OK]をクリックする。

表の移動と縮小

表がオートシェイプの前に表示されるようになった。あとは好きな位置に移動して、サイズを変更すればいい

 (6) 表がオートシェイプの前面に配置されて自由に移動できるようになるので、ドラッグして位置を調整する。

 表の右上の位置を最初に決めると作業しやすい。

表のサイズを変更

オートシェイプに収まるように、表のサイズを変更する

 (7) 表の右上の位置が決まったら、表左下の[○]マークをドラッグしてサイズを調整する。

 角丸四角形の横幅にちょうど収まるサイズにする。なお、その際にはグリッドに沿ってサイズが変更される。


操作3――
グラフを貼り付ける

 表と同様にグラフも「形式を選択して貼り付け」で「Microsoft Office Excelグラフオブジェクト」という形式を指定して貼り付けます。

 貼り付けた後は、先に貼り付けた表にサイズや位置を合わせてレイアウトを整えます。


■グラフ用の貼り付けかたを使う

Excelでグラフをコピー

【Excel】 グラフを選択してコピー

 (1) Excelに切り替えたらグラフをクリックして選択し、[編集]→[コピー]を選択してクリップボードにコピーする。

形式を選択して貼り付けを実行

Wordに切り替えて、[形式を選択して貼り付け]を選ぶ

 Wordに切り替えたら、[編集]→(2)[形式を選択して貼り付け]を選択する。

形式を選択して貼り付けのメニュー画面

[形式を選択して貼り付け]のメニュー画面で、グラフオブジェクトを選択

 (3)[貼り付け]をオン。

 (4)「貼り付ける形式」で[Microsoft Office Excelグラフオブジェクト]を選択する。(5)[OK]をクリックする。

レイアウトタブを調整

表と同様の手順で、スマートシェイプより前面の出るようにレイアウトタブを調整する

 (6) 貼りつけたグラフを右クリックし、(7)[オブジェクトの書式設定]を選択して「オブジェクトの書式設定」画面を表示する。

 [レイアウト]タブの「折り返しの種類と配置」で[前面]を指定したら、サイズと位置を調整する。


 (次ページ、「表やグラフのタイトルを付ける」に続く)

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ