このページの本文へ

2008年冬ケータイの魅力第6回

写真で見る記者発表会

iPhoneでワンセグが見られるぞ――孫氏英断

2008年10月30日 16時00分更新

文● 西川仁朗/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
iPhone用充電・ワンセグチューナー「TV&バッテリー」を接続したところ。重さは約80グラム

 ソフトバンクモバイルの2008年冬ケータイの新端末発表会の場で、サプライズニュースがあった。

 16機種の新端末の発表以外に、ワンセグが見られるiPhone用充電・ワンセグチューナー「TV&バッテリー」が発表された。2008年12月に中旬以降に発売する予定。

iPhoneの3つの弱点をクリア

 これは充電式のバッテリー電池としてiPhoneに「USB-miniB USB」ケーブルで接続して使用する。これまでのiPhoneの弱点とされていたバッテリーの持ちの問題を解決できる。

「ただの充電器じゃないんです。実はワンセグが見られます」と孫氏が発表した途端、記者席からも小さな「おぉ~」という声が漏れた

 さらに、「App Store」から専用アプリケーションをダウンロードすることで、ワンセグが見られる機能も搭載された。

会場で実際にNHKの天気予報をワンセグで視聴してみせた

 「世界で唯一、日本のiPhoneユーザーはワンセグが見られる。さらに電池に持ちの問題も解決した」と胸を張る孫社長。

 さらにiPhoneは年内にソフトウェアバージョンアップで「絵文字」に対応することも発表。

新デザイン絵文字に対応する。これでiPhoneのメールも楽しくなる!?

 「日本人はメールに絵文字がないとメールじゃないと、口をすっぱくしてアップルに言ってきた。電池の持ち・ワンセグ・絵文字というiPhoneの3つの弱点に本気で対応した」(孫社長)

 11月4日からはiPhoneユーザーが無線LAN「BBモバイルポイント」を無料で利用できるサービス「公衆無線LANし放題」を開始する。全国の駅、空港などの交通機関やマクドナルドなどで「iPhoneユーザーはより高速で快適なインターネットを楽しんでいただける」と孫社長は述べる。

 発売から約4ヵ月が経ち、新鮮味が薄れてきたiPhone。更なる販売のテコ入れに、矢継ぎ早に対応策を取ったようだ。

 iPhone購入に様子見だったユーザーがどの程度飛びつくのか? 今後の動向が興味深いところだ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン