このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

2008年冬ケータイの魅力第22回

「ライバルはデジカメです」 シャープの冬ケータイはカメラが凄い

2008年11月20日 11時15分更新

文● 西川仁朗/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
8メガピクセルの強力なカメラ機能を搭載したシャープの新端末。左がNTTドコモのSH-01A、右がソフトバンクモバイルの930SH

 2008年10月の国内携帯電話出荷台数シェア28%と、2位以下を大きく引き離しているシャープ。2008年冬に登場した3キャリア、8機種33バリエーションのラインアップを紹介し、今回の端末の特徴を発表した。

シェアトップを快走するシャープ端末

 この冬のSHケータイは、3.8型(1024×480ドット)の「931SH」に代表される「大画面・高精細液晶」や、キーボード付きAQUOSケータイ「SH-04A」などに搭載された「タッチパネル」といった機能に注目が集まる。

「SoftBank 931SH」 「SH-04A」
「SoftBank 931SH」NTTドコモ「SH-04A」

 しかし、同社が最も力を入れている端末は、SHケータイ史上最強の8メガピクセルカメラを搭載した「SH-01A」「SH-03A」「930SH」だ。

「SH-01A」 「SH-03A」 「SoftBank 930SH」
NTTドコモ「SH-01A」NTTドコモ「SH-03A」「SoftBank 930SH」

新次元に達したカメラ機能

 同社の調査によると「ケータイ端末を購入する際に重視した機能」に関して、ユーザーが最も重要視しているのはカメラ機能だと言う。今回登場した3機種によって、同社のケータイカメラは新たなステージに達した。ケータイカメラに対する「暗いところではまともに写らない」「動きのあるものは形が歪む」といったユーザーの不満点を解消する新機能を搭載したためだ。

今回新たにSH-01A、SH-03A、930SHに搭載されたCCD。右のCMOSに比べ、まったく明るさが違う。これで暗いところでもバッチリ撮影できる以前のカメラに搭載されていたCMOSで撮影した場合
左が今回搭載したCCDで撮影した場合。右のCMOSカメラに比べてみると一目瞭然
CCDによって動く被写体を捉えても歪みのの少ない画像が撮影できる。CMOSで撮影した右は歪みが目立つ

 また、画像処理エンジンに新しく「ProPix」を採用したことにより、ハードウェア処理でノイズを低減。以前のケータイカメラに比べ、ダイナミックレンジが広くなり、白トビや黒ツブレも起きにくくなった。

 

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン