このページの本文へ

ここが変わったWindows Vista 100連発! 第94回

ここが変わったWindows Vista 100連発!

SP1でユーザーアカウント制御(UAC)が改良された

2008年09月16日 11時00分更新

文● 柳谷智宣/アバンギャルド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
UACの確認ダイアログが表示される回数が減った

Vista SP1では、UACの確認ダイアログが表示される回数が減った

この機能はWindows Vista Service Pack 1の全エディション(Home Basic、Home Premium、Business、Enterprise、Ultimate)でお使いいただけます。

 Windows Vista SP1では、ユーザーアカウント制御(UAC)の動作が改良されている。連続してUACの確認が必要な操作する際、ダイアログの表示を1回で済ませられる。

 例えばSP1未適用のVistaで保護領域(WindowsのインストールフォルダーやProgram Filesなど)にフォルダーを新規作成する場合、操作の確認→続行の許可→操作の確認→続行の許可と、なんと4回もUACダイアログが表示される。Vista SP1ではこれが1回で済む。

Vista SP1では確認ダイアログが1回表示されるだけで……

Vista SP1では確認ダイアログが1回表示されるだけで、フォルダーの作成と名称の変更が可能

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン