このページの本文へ

ここが変わったWindows Vista 100連発! 第97回

ここが変わったWindows Vista 100連発!

Vista SP1ではデスクトップ検索が自由に選べる

2008年10月24日 12時00分更新

文● 柳谷智宣/アバンギャルド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Vista SP1では、デスクトップ検索システムを変更できる

Vista SP1では、デスクトップ検索システムを変更できる。ここではGoogleデスクトップに変更している

この機能はWindows Vista Service Pack 1の全エディション(Home Basic、Home Premium、Business、Enterprise、Ultimate)でお使いいただけます。

 Windows Vista Service Pack 1では、デスクトップ検索システムにVista以外のエンジンを指定できるようになった。現在のところ、米グーグル社の「Googleデスクトップ」しか公開されていないが、Vista標準のシステムより高速に動作するので人気を集めている。

Googleデスクトップのダウンロードページ

Googleデスクトップのダウンロードページ

 デスクトップ検索は、コントロールパネルの「既定のプログラム」で切り替えられる。「既定のプログラム」→「既定のプログラムの設定」を開き、「Googleデスクトップ」を選択。右側の「このプログラムを既定として設定する」を押す。

 Googleデスクトップをインストールした場合、エクスプローラやスタートメニューの検索フォームにキーワードを入力するとウェブブラウザーが開いて、Googleデスクトップによる検索結果が表示される。ファイル名だけでなく、WordやExcelなどのオフィス文書から、テキストファイル、PDFなどのファイル内容、予定表や仕事、メモ、メールの内容も検索できる。

Googleデスクトップでデスクトップ検索した画面

Googleデスクトップでデスクトップ検索した画面

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン