このページの本文へ

Vista SP1でファイル/フォルダコピーが高速になった

2008年08月27日 11時00分更新

文● 柳谷智宣/アバンギャルド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
SP1をインストールするとファイルコピーが高速になる
SP未適用のWindows Vistaでは非常に遅かったファイルコピーが、SP1をインストールすると高速になる

この機能はWindows Vista Service Pack 1の全エディション(Home Basic、Home Premium、Business、Enterprise、Ultimate)でお使いいただけます。

 Windows Vistaはファイルやフォルダのコピーが遅いという問題点があったが、Windows Vista SP1では、このパフォーマンス問題は改善されている。マイクロソフトによると、同じHDD上でのコピー速度が25%向上し、ネットワーク経由では45~50%以上も向上しているという。

 大量のファイルをコピーする際に表示される「推定残り時間」も、コピーを開始すればすぐに表示されるようになった。SP1を導入する最も大きなメリットと言える。

 実際に試したところ、同じHDD上のファイルコピー速度は10~20%向上した。また、ネットワーク経由でのファイルコピー速度は、150~200%以上向上した。マイクロソフトの数値よりもずいぶん性能が向上したが、早くなる分には大歓迎だ。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン