このページの本文へ

「全部入り」に死角はないのか!?

5万円台のA3複合機 ブラザー「MFC-6490CN」を試す

2008年09月09日 14時00分更新

文● 広田稔/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

A3対応で「全部入り」なのに5万円!?


 MFC-6490CNをひと言でまとめれば、「全部入り」だろう。A3対応のプリント機構とスキャナー機構を内蔵し、この1台でプリント、コピー、スキャン、FAXの送受信までこなしてしまうという多彩ぶりだ。

 本体前面にはメモリーカードスロットを用意し、デジカメで撮った写真のダイレクトプリントに使えるだけでなく、本機でスキャンしたデータをメモリーカードに直に保存するといった小技も実現してくれる。パソコンとの接続方法も豊富で、USB 2.0に加えて、有線LAN(10/100BASE-TX)、無線LAN(IEEE 802.11b/g)が選択可能だ。ちなみにLANは有線/無線で併用できない。

ADF

複数の紙をまとめてFAX/コピーするときに便利なADF(自動紙送り機)も付いている

PC-FAX

FAXは、PCを使ってペーパーレスで送受信することも可能。画面は付属ソフトの「ControlCenter」で「PC-FAX送信」を指示するところ

スロット

囲み部分の左がUSBフラッシュメモリー、中央がコンパクトフラッシュ、右がSDメモリーカード(SDHC対応)/メモリースティック(PRO対応)/xDピクチャーカード──に対応するスロットだ

トレー

給紙トレーは2段ぶん用意。例えば上段にA4、下段にA3という使い分けが可能だ

トレーを伸ばす

A3用紙を使う場合はトレーを伸ばす。通常のコピー用紙なら、上段に150枚、下段に250枚セットできる

カートリッジ

インクカートリッジは、本体前面の右側に収納する。カートリッジにすぐにアクセスできるため、交換時にストレスを感じさせない。個人的には、カラーインクがなくなってもモノクロだけで30日間印刷できる仕様にちょっとした感動を覚えた

 そして何より最も魅力なのが、5万円台という実売価格だ。執筆時、ASCII.jpの価格比較では5万4980円だったが、これならレーザー複合機より無理せずに導入できるだろう。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン