このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

モバイルノートの新時代を開く渾身の意欲作

APR: MacBook Air

2008年07月30日 18時00分更新

文● 今井 隆、柴田文彦、MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

コンシューマー向けのMacBookとハイエンド向けのMacBook Proという、これまでのセグメントに収まらない新しいコンセプトのモデルがMacBook Air。傾斜のついた極薄のボディー、マルチタッチのトラックパッド、最小限の外部接続ポートなど、ほかに類を見ない大胆な設計だ。このマシンがどんな潜在能力を持つのか、探っていくことにしよう。

MacBook Air


CONTENTS:


1. Overview


本体は薄くなっても機能は手薄にならず

MacBook Air
「モバイルマシン」を体現したMacBook Air

 MacBook Airは、Macユーザーはもちろん、Windowsユーザーも注目する最も薄いノート型Macだ。7月4日にソリッドステートドライブ(SSD)を搭載する上位モデルが6万円ほど値下がりし、最近ではApple Storeの「整備済製品」にも登場するようになった。

 これまでのMacBookシリーズの直線と平面を基調としたデザインとは異なり、MacBook Airの最も薄い部分でわずか4mm、最も厚い部分でも19.4mmと、場所によって厚さが異なる傾斜のついたデザインを採用している。実際に手でつかんでみるとかなり薄く感じる。

 付属品

MacBook Air Mac OS Xおよびソフト類のインストール/リストア用DVD、クリーニングクロス、ウォールプラグ付きMagSafe電源アダプター、AC電源コード、Micro DVI-DVI、Micro DVI-VGAアダプター、印刷された簡単なマニュアル類──が付属する

 モニターを開くと、従来のMacBookシリーズと比べて、キーボードやトラックパッドの配置などに大きな変更点は見られない。ただしキーボードは、MacBook Proのみだったバックライト機能を搭載している。またマルチタッチジェスチャーをサポートしたトラックパッドを採用するなど、単に薄さを追求しただけではない、新しい試みが盛り込まれている。

 インターフェースは、これまでのMacBookと同Proの間にも、FireWire 800ポートやExpressCard/34スロットの有無、外部モニター出力用DVIポートの仕様の違いなど、はっきりした区別があった。しかしAirのポート類は、MacBookシリーズの2機種とは大きく異なった構成だ。電源アダプターを接続するMagSafe電源ポートを除くと、アナログオーディオ/ヘッドホン兼用出力、USB 2.0、Micro-DVIポートの3つしか用意されていない。音声入力は、モニター上部にiSight用のカメラと並んでマイクロホンを内蔵するが、ライン入力が必要なら、USBオーディオアダプターなどが必要だ。

 インターフェース

MacBook Air
薄さ最優先のため、ポート類も最小限の構成で、配置も工夫されている。本体左側には(1)MagSafe電源ポートのみ、右側には(2)アナログオーディオ出力、(3)USB 2.0、(4)Micro-DVIポートが収納式の「I/Oドア」内に配置されている

 外部モニター出力ポートは、やや特殊な仕様のため、標準でDVI用とVGA用、2種類のアダプターが付属している。外部モニターに接続すれば、Airのモニターを閉じたままデスクトップマシンと同様に使用できる。大型のモニターに接続してムービー再生などを行う場合は、別売りの「Apple Remote」(価格は2400円)を使ってもいい。

 外部モニター接続

MacBook Air インターフェースは少ないが、外部モニター出力をしっかりとサポート。DVI用とVGA用の2つの接続アダプターが標準で付属する。外部モニターに接続すれば、拡張デスクトップモードで最大1920×1200ドットの表示が可能だ。さらに別売りで、S/コンポジット出力が可能な「Apple Micro DVI-Video アダプタ」(価格は2400円)も用意している

 ひとつしか搭載していないUSBポートの出番は必然的にかなり多くなるだろう。光学式ドライブを内蔵しないため、別売りの「MacBook Air SuperDrive」はUSB接続。ただし、ソフトのインストールやデータの読み込みなど、ディスクによる書き込みの処理が必要なければ、リモートディスク機能を利用してもいい。

 MacBook Air SuperDrive

MacBook Air Air専用のUSB接続による外付けSuperDriveが別売りで用意されている(価格は1万1800円)。DVDの2層メディアへの最大書き込み速度は4倍、1層メディアへは8倍、DVD-RWの書き換えは6倍、DVD+RWなら8倍、CD-Rへの書き込みおよびCDの読み出しは最大24倍速というスペック。なお、USBハブ経由では使えない

 リモートディスク

MacBook Air Airでは、同一ネットワーク上のほかのMacやPCの光学式ドライブにセットしたCD/DVDディスクをデスクトップにマウントできる「リモートディスク」が使える。もちろん、無線LANを通したアクセスも可能で、ワイヤレスでソフトウェアのインストールやデータの読み込みが実現。ただし、DVDのビデオ再生、音楽CDの取り込みはできない

 有線のイーサネットに接続する場合は、別売りの「Apple USB Ethernetアダプタ」が必要だ。アナログ電話回線に接続する場合は、やはり別売りの「Apple USB モデム」(価格は5670円)を用意する必要がある。

 Apple USB Ethernetアダプタ

MacBook Air 有線でLAN接続するためのイーサネットアダプターも別売りで用意(価格は3400円)。USB 2.0接続ということもあり、ギガビットイーサはサポートせず100Base-TX対応だ。ケーブルの長さは約10cmで、コネクターの向きを自由に変えられるので、内蔵ポートよりもかえって使いやすいかもしれない

(次ページに続く)

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中