このページの本文へ

「Radeon HD 3850」初のファンレスモデルがSapphireから登場!

2008年01月17日 22時15分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Sapphire製Radeonシリーズのファンレス仕様といえばお馴染み“ULTIMATE”。今回も「Radeon HD 3850」搭載のファンレス仕様となるビデオカード「ULTIMATE HD3850 512MB GDDR3 PCI-E BOX」が登場した。

「ULTIMATE HD3850 512MB GDDR3 PCI-E BOX」 基板
「Radeon HD 3850」初のファンレスモデルとなるSapphire製「ULTIMATE HD3850 512MB GDDR3 PCI-E BOX」

 冷却機構はカード表面から延びたヒートパイプが、カード裏面に装着された分厚いヒートシンクに接続されるという2スロット仕様。そのためマザーボードによってはチップセットクーラーなどと干渉する恐れがあるので事前に確認が必要だ。
 主なスペックはコア/メモリクロックが668MHz/1656MHz。搭載メモリはDDR3 512MBでブラケット部はDualDVI/TV-OUT。DVI-D-SUB変換コネクタ×1DVI→HDMI変換コネクタ×1、HDTV対応コンポーネントケーブル×1、S→コンポジット変換コネクタ×1、4pin→6pin電源変換ケーブル×1、NATIVECROSSFIREケーブル×1などが付属。価格はアークで2万9780円、高速電脳で2万9800円(完売)、TSUKUMO eX.で2万9980円、ソフマップリユース総合館で3万800円となっている。

冷却機構 厚さ
冷却機構はカード表面から延びたヒートパイプが、カード裏面に装着された分厚いヒートシンクに接続されるという2スロット仕様。マザーボードによってはチップセットクーラーなどと干渉する恐れがあるので事前に確認が必要だ
付属品 ポップ
DVI-D-SUB変換コネクタ×1DVI→HDMI変換コネクタ×1、HDTV対応コンポーネントケーブル×1、S→コンポジット変換コネクタ×1、4pin→6pin電源変換ケーブル×1、NATIVECROSSFIREケーブル×1などが付属

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中