このページの本文へ

今週最後の「Radeon HD 3870/3850」搭載ビデオカードはMSIから登場

2007年11月17日 23時34分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 AMDの新型GPU「Radeon HD 3870/3850」搭載シリーズのデビューウィークとなった週末最後の登場となったのはMSIの「RX3870-T2D512E/D4」と「RX3850-T2D256E/D3」だ。

「RX3870-T2D512E/D4」と「RX3850-T2D256E/D3」 「RX3870-T2D512E/D4」と「RX3850-T2D256E/D3」
AMDの新型GPU「Radeon HD 3870/3850」搭載シリーズのデビューウィークとなった週末最後の登場となったのはMSIの「RX3870-T2D512E/D4」と「RX3850-T2D256E/D3」だ

 どちらもリファレンスデザインとなる製品で、コア/メモリクロックおよびメモリ容量は「RX3870-T2D512E/D4」が775MHz/2250MHz、メモリDDR4 512MB、「RX3850-T2D256E/D3」が668MHz/1656MHz、メモリDDR3 256MB。ブラケット部はどちらもDualDVI/HDTV-OUTという構成。なお、今回も「Radeon HD 3870」搭載モデルの流通量は少ない。価格は「RX3870-T2D512E/D4」がアークで3万5980円、「RX3850-T2D256E/D3」がアークで2万7980円、ツクモパソコン本店IIで2万8800円だ。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中