このページの本文へ

AGP版のRadeon HD 3850ビデオカードがPowercolorから発売! 

2008年01月22日 22時16分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 PowercolorからAGP版の「Radeon HD 3850」搭載ビデオカード「HD 3850 PCS 512MB AGP」が発売された。DirectX 10.1に対応した初のAGPビデオカードとなる。

「HD 3850 PCS 512MB AGP」 「HD 3850 PCS 512MB AGP」
AGP版の「Radeon HD 3850」搭載ビデオカード「HD 3850 PCS 512MB AGP」がPowercolorから発売

 同製品のコア/メモリクロックは668/1656MHzで搭載メモリはDDR3 512MB。ヒートパイプと銅製フィンを組み合わせたオリジナル冷却クーラーを搭載しており、厚みは2スロット仕様となる。ブラケット部はDualDVI/HDTV-OUTという構成だ。
 AGPスロットが搭載された1世代以上前のマザーとCPUで、最新のDirectX 10.1対応ゲームがどれほどのパフォーマンスで動作するのかは不明だが、AGP版ビデオカードでもDirectX 10.1対応のPCゲームを堪能できるようになったという点では歓迎すべきだろう。気になる価格はアークで3万3600円となっている。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中