このページの本文へ

全部入りケータイがてんこもり!

【フォトレポート】ガッツリ進化した「905i」をお先に体験してきたぞ

2007年11月02日 22時00分更新

文● ヤシマノブユキ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

SO905i


+ジョグ

ジョグダイヤルの操作性を高めた「+JOG」(プラスジョグ)。カーソルキーとの段差が少なく、横スクロール時も不安定さがなくなった

アンテナ

ワンセグ視聴時に役立つ、跳ね上げ式スタンドが底面に付いている。角度は2段階で調整できる。なお、アンテナは本体側ではなくディスプレー部に収納する珍しいスタイルを採用した

タッチキー

音楽再生中はタッチパッド式の「ミュージックタッチキー」が背面に浮き上がり、本体を閉じたままで音楽操作が可能。操作したことを本体の振動で利用者にフィードバックするので、使っていて安心感がある

タッチパッド

ディスプレー部にもタッチパッドを搭載し、ワンセグの音量調整やチャンネル切り替えが行なえる。全体的に細かい部分の使い勝手がイイ


D905i

D905i

「フォーマルタイプ」(シャインブラック、ピンクゴールド)と「カジュアルタイプ」(オレンジイエロー、ナチュラルホワイト)があり、カーソルキー周辺のデザインや、色使いが微妙に異なる

ワンセグ

ワンセグで録画した番組の“オイシイ”部分だけを連続再生できる「ハイライト再生機能」を搭載。スポーツ中継の盛り上がっているシーンを次々とチェックしたり、歌番組の“サビ”をつまみ聞きするのに便利

翻訳リーダー

カメラで撮るだけで日本語に翻訳してくれる「翻訳リーダー」。英語、中国語、韓国語に対応し、瞬時に訳語が表示される。実際に試したところレストランのメニュー(デモ用の見本)を1発で正確に読み取れた


P905i


P905i

縦にも横にも開く「Wオープンスタイル」が最大の特徴。縦に開くときはヒンジ部のボタンでワンプッシュオープンが可能。横に開くときは液晶部側面の“OPEN”スイッチを手前にスライドさせる(写真中のワンセグ画面にはモザイク処理を施してあります)

P905i

カメラは有効約510万画素で、上位機種のP905iTVを上回る。静止画6軸手ブレ補正とオートフォーカスに対応する


F905i

F905i

ディスプレー部が左右どちらにも回転する「ヨコモーションスタイル」を採用。横に回転させればワンセグが起動する。底面にFeliCaポートと指紋センサーを搭載する

ディスプレー

本体の「MULTIキー」を押すと画面表示が2分割され、フルブラウザーやメールなどさまざまな機能をワンセグと同時に利用できる。ワイドVGA(480×864ドット)対応端末の中で画面サイズが一番大きく、マルチウィンドウにしても窮屈な感じがしない

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン