このページの本文へ

NTTドコモ、ワンセグケータイ「AQUOSケータイ SH905iTV」を24日に発売

2008年01月21日 20時39分更新

文● 永島和夫

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NTTドコモ(株)とドコモグループ8社は21日、サイクロイドスタイルで画面を横に回転させてワンセグ視聴ができるFOMA携帯電話機「AQUOSケータイ SH905iTV」(シャープ(株)製)を今月24日に発売すると発表した。

SH905iTV

「AQUOSケータイ SH905iTV」。左から「Silver White」、「Gold」、「Black」

 AQUOSケータイ SH905iTVは、従来の「SH903iTV」と同様に、ディスプレー部を横向きに90度回転可能なサイクロイドスタイルを踏襲した折りたたみタイプの携帯電話機。画面は約3.2インチワイドVGA(480×854ドット)の「NewモバイルASV液晶」パネルを採用する。ステレオスピーカーを搭載し、画面が縦横どちらの状態にも対応する。

 画面は色の再現力に優れた「高演色バックライト」の搭載により、NTSC比120%の高い色再現率を実現。そのほかにリフレクトバリアパネル&6色カラーフィルター、高画質化エンジン「SVエンジン+」などを搭載し、コントラスト比は最大2000:1となっている。

 カメラはオートフォーカス付きの有効約320万画素CMOSセンサーを搭載し、静止画6軸手ブレ&被写体ブレのダブルブレ補正に対応する。連続通話時間は音声が約200分、テレビ電話が約110分。連続待受時間は静止時で約520時間。本体のサイズは幅50×厚さ18.9×高さ112mm、重さは約139g。カラーは「Black」「Silver White」「Gold」の3タイプ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン