このページの本文へ

ネオジャパンが「desknet's with Ajax」の新バージョン、パフォーマンスを改善

2007年01月16日 00時00分更新

文● アスキービジネス編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ネオジャパンは、1月16日、Ajax技術を採用したWebグループウェアの新版「desknet's with Ajax バージョン2.0」の出荷を開始した。ユーザーからの要望が強かったパフォーマンスの向上と新機能の追加を行なった。

「インフォメーション」「設備予約」を追加、パフォーマンスは2割向上

 「desknet's with Ajax」(以下、Ajaxアドオン)は、ネオジャパンのWebグループウェア「desknet's」に対応したアドオン製品。Ajax技術によって、Webブラウザ上でWindowsアプリケーションと同様の操作性を実現できるのがメリットで、昨年7月の「バージョン1.0」の発売以来、すでに150社で導入されている。新バージョンでは、Internet Explorer 7への対応、操作レスポンスの改善を図り、新機能を追加した。

 操作レスポンスの面では、従来に比べてレスポンスを約2割向上。開発には、旧バージョンと同じく米MBテクノロジーズの「Bindows」を採用しているが、JavaScriptの最適化によってこれを実現させた。

 新機能では、バージョン1.0から提供されている「スケジュール」「ウェブメール」「アドレス帳」に加えて、「インフォメーション」(掲示板)、「設備予約」の2つの機能を追加。

 インフォメーション機能は、全社的に告知したい情報を掲示する機能で、一般的なメーラーなどで採用されている3ペインのUIを採用したことで画面遷移を抑え、操作性向上を図った。また、会議室の予約などを行なう設備予約機能は、既存のスケジュール機能と連携することで設備と行動予定を同時に予約できるようにした。

 desknet's本体の価格は、4万1790円/5ユーザーから。Ajaxアドオンは年間ライセンスの形態で提供され、1万8900/5ユーザーからとなる。すでにAjaxアドオンを利用しているユーザーは無償でバージョンアップが可能だ。

新バージョンに追加されたAjax版の「インフォメーション」機能

新バージョンに追加されたAjax版の「インフォメーション」機能

 desknet'sは全部で22の豊富な機能を持つグループウェアだが、同社では現在Ajaxアドオンで提供している機能以外についても順次Ajax化を進め、将来的にはAjax版として単体でのリリースも視野に入れている。

■関連サイト
desknet's
http://www.desknets.com/
ネオジャパン
http://www.neo.co.jp/

カテゴリートップへ

ピックアップ