ASCII倶楽部

このページの本文へ

小島寛明の「規制とテクノロジー」 ― 第54回

「また規制か、、終わってるな」楽天・三木谷氏がいらだつプラットフォーマー透明化法とは

2019年12月23日 09時00分更新

文● 小島寛明

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「また、規制か、、、、ネット革命の最中、なんでも規制し、国に報告義務を課す終わってるな。独禁法で十分規制されてのに、一挙手一投足を報告しろと。。終わってる。デジタル??そもそも、何がデジタルで何が非デジタルなんだよ」

 これは楽天の三木谷浩史・会長兼社長が、12月14日にTwitterに投稿したつぶやきだ。

 三木谷氏が「終わってる」としたのは、政府が検討を進める「デジタル・プラットフォーマー取引透明化法(仮称)」だ。

 検討中の法案は、市場への支配力を強める巨大IT企業に対して、取引相手との契約条件の開示や、取引実態を政府に報告するよう義務付ける内容だ。

 三木谷氏のいらだちの原因は、いくつもあるだろう。このところ、楽天グループが手がけるさまざまな事業で、同社の方針と政府の規制がぶつかっているからだ。

カテゴリートップへ

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!