このページの本文へ

ASCII Power Review第43回

iPhone 11のカメラ機能と徹底的に比較してみた

Pixel 4/4 XL 実機レビュー = Motion Senseが楽しみすぎるグーグルのスマホ

2019年10月24日 10時00分更新

文● 写真 ジャイアン鈴木 + 編集● PowerReview軍団

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

  グーグルは新型スマートフォン「Google Pixel 4」と「Google Pixel 4 XL」を10月16日に発表、10月24日より販売を開始する。カメラの実写テストや、ベンチマークによる速度比較など、前モデルとともにiPhone 11とも徹底比較した実機レビューをお届けします。

ノッチをあきらめざるをえないほど
画面上部に多数のセンサーを搭載

 両製品の違いは基本的にディスプレーとボディーのサイズ、バッテリー容量のみ。プロセッサー、メモリー、カメラなどのスペックに違いはない。

 プロセッサーは「Qualcomm Snapdragon 855」(2.84GHz+1.78GHz、オクタコア)、メモリーは6GB(LPDDR4x)、ストレージは64GBまたは128GBを搭載している。なお、機密性の高いデータを保護するためのセキュリティーチップ「Titan M セキュリティモジュール」、後述する「Motion Sense」、顔認証、Googleアシスタントなどの機能を強化する機械学習エンジン「Pixel Neural Core」などのグーグル製プロセッサーも内蔵されている。

 カメラは背面に広角カメラ(1220万画素、F値1.7、画素サイズ1.4㎛、視野77度、光学式+電子式手ぶれ補正、デュアルピクセル位相差検出式AF)と望遠カメラ(1600万画素、F値2.4、画素サイズ1.0㎛、視野52度、光学式+電子式手ぶれ補正、位相差検出式AF)、前面にインカメラ(800万画素、F値2.0、画素サイズ1.22㎛、視野90度、固定フォーカス)を搭載。

 ディスプレー上部にはインカメラに加えて、顔認証用に顔認証赤外線カメラ(NIRカメラ)が2基、顔認証ドットプロジェクター(NIRドットプロジェクター)、顔認証投光イルミネーター(NIRフラッドエミッター)が、Motion Sense用にMotion Senseレーダーチップ(Soliレーダーチップ)が搭載されている。

 Pixel 3 XLのディスプレーにはノッチ(切り欠き)があったが、Pixel 4/4 XLにはディスプレー上部にこれらセンサーが多数内蔵されたため、ノッチを設けることはできず、またベゼルも太くなった。

Pixel 4/4 XLの顔認証カメラが機能すると赤い光が点滅する
一番左の黒丸から、顔認証赤外線カメラ、前面カメラ、周囲光センサーと近接センサー、中央にあるのが上部スピーカー、上部スピーカーのすぐ右横にMotion Senseレーダーチップ、横長の黒丸部に顔認証ドットプロジェクター、顔認証赤外線カメラ、顔認証投光イルミネーターが内蔵されている
左からPixel 3 XL、Pixel 4 XL、iPhone 11 Pro Max。顔認証システム、Motion Senseレーダーチップを搭載したため、Pixel 4 XLはノッチを諦めざるをえなかったわけだ

この特集の記事

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!