このページの本文へ

グーグル、日本でもPixel 4、Nest Hub Maxを発売

2019年10月16日 17時15分更新

文● スピーディー末岡 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Pixel 4/4 XLは今月発売!

 Googleは今日16日、都内で発表会を開催し、昨晩グローバルで公表された「Pixel 4/4 XL」「Pixel Buds」「Nest Mini」「Nest Wifi」に加えて、10型タブレットとスマートスピーカーが合体した「Google Nest Hub Max」を日本で発売すると発表した。

 発売日と価格は以下。

  • Pixel 4 64GB:8万9980円(以下、税込)、10月24日発売
  • Pixel 4 128GB:10万3950円(以下、税込)、10月24日発売
  • Pixel 4 XL 64GB:11万6600円、10月24日発売
  • Pixel 4 XL 128GB:12万8700円、10月24日発売
  • Google Nest Hub Max:2万8050円、11月22日発売
  • Nest Mini:6050円、11月22日発売
  • Nest Wifi:ルーター 1万9800円、拡張ポイント 1万8150円、セット 3万1900円、近日発売予定
  • Pixel Buds:価格未定、2020年発売予定

 発表会冒頭ではGoogle ハードウェア事業 パートナーシップ ビジネス統括の織井 賢氏が登壇し、Googleがハードウェアを作る意味を「人が意識することなくコンピューターを使える、アンビエントコンピューティングを目指しており、人とGoogleの架け橋となるのがGoogleアシスタントである」と説明した。

Google ハードウェア事業 パートナーシップ ビジネス統括 織井 賢氏

カメラが2眼になったが
Motion Senseは来年までお預け「Pixel 4/4 XL」

 次にPixel 4/4 XLが発表され、Google ハードウェア事業 Pixel製品事業統括の埜々内ルイ氏が製品を紹介した。Pixel 4は5.7型有機ELディスプレー(1080×2280ドット)を搭載し、SoCにSnapdragon 855、メモリー6GB、内蔵ストレージ64/128GBというスペック。Pixel 4 XLとはディスプレーサイズ(6.3型、1440×3040ドット)が違うだけでスペックは同じだ。

Google ハードウェア事業 Pixel製品事業統括の埜々内ルイ氏

 進化点としては、カメラが2眼になり、ポートレートモードや夜景モード、天体写真機能が加わり、よりクオリティーの高い写真を手軽に撮れるようになった。そして日本での対応は2020年春になるが、ジェスチャーでスマホに触れずに操作ができる「Motion Sense」が搭載され、顔認証が素早くなるほか、自動車運転中や料理中などスマホをタップできない状況でも、さまざまな動作が可能になる。この技術は潜水艦や航空管制塔で使われるSoliセンサーを使っているのだが、周波数の問題で日本では一時ストップがかかったようだ。

2眼になったカメラ
前モデル「Pixel 3」との前面比較
前モデル「Pixel 3」との背面比較

ディスプレーが10型になった
「Google Nest Hub Max」

 次に「Google Nest Hub」の10型版「Google Nest Hub Max」が発表。Google Nest 事業本部長の秋山有子氏が解説した。7型のGoogle Nest Hubに対して、10型とディスプレーが大きくなり、情報量が一気に増えた。内蔵カメラとマイクで遠く離れた家族と会話したり、家の中の様子を外出先からチェックするだけでなく、Googleアシスタントとの連動でスマートデバイスを操作したり、Googleフォトでスライドショーを楽しんだりできる。

Google Nest 事業本部長の秋山有子氏

 サイズは約101.23×250.1×182.55mm、重さは1.32kg。ディスプレーは1280×800ドット、カメラは127度の広角で対象を追尾するオートフレーミング機能に対応の650万画素。Wi-Fiは11ac(2.4/5GHz)に対応する。

小さくてインテリアに合うスマートスピーカー
「Nest Mini」

 低価格とコンパクトさで人気のスマートスピーカー「Home Mini」が、今回から「Nest Mini」と名前を変えた。中身は一緒で「OK、Google」による音楽再生やニュース読み上げなどの機能は継続。サウンド機能は従来モデルより2倍強力な低音を再生できるようになった。また、新色のスカイがラインナップに加わっている。

 検索やソフトだけでなく、ハードにもチカラを入れ始めたGoogle。先行する商品やサービスが多いが、魅力的で利便性の高い商品群でシェアに食い込んできそうだ。

参考展示だった「Pixel Buds」
同じく参考展示の「Nest Wifi」

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン