ASCII倶楽部

このページの本文へ

MCコジマのカルチャー編集後記 ― 第215回

アップルもVRに本気ムードかも

2017年06月07日 08時00分更新

文● コジマ/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルはWWDC 2017の基調講演で、「iMac Pro」のリリースを発表しました。最大18コアのXeon、128GBのメモリが搭載可能。グラフィックスはAMDの次期アーキテクチャ「Radeon Vega」と、かなーりハイエンドなマシンになっています。

 発売は12月からの予定。価格は5Kディスプレー、8コアXeon、32GBメモリー、1TB SDDの組み合わせで4999ドル(およそ54万8000円)からです。

 また、macOS Sierraも「macOS High Sierra」になりました。個人的に「おっ」と思ったのは、グラフィックスサブシステムがバージョンアップして「Metal 2」となり、VRヘッドセットへの対応が発表されたことです。

 アップル公式からiMac Proの紹介ページを見てみると、「バーチャルリアリティが、まるでリアル。」なるパンチの効いたキャッチコピーとともに、新しいGPUの性能と、それを利用してVRコンテンツも作成可能だということがアピールされているわけです。

カテゴリートップへ

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!