このページの本文へ

こだわり部隊の本音「ジサトラ 完全版」第31回

「FOVE 0」でSteamVRがどの程度快適に遊べるかチェックしてみた!

2017年02月27日 17時00分更新

文● ジサトラハッチ/今週の研究員

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
FOVE 0はカラーが黒と白の2種類あります。私は黒を購入しました

 どこでもVRネタばかりのアスキーVR担当のハッチです。さて、今回は以前軽くジサトラでも触れた視線検出機能を搭載したVRヘッドマウントディスプレーのデベロッパーキット『FOVE 0』の話。FOVE 0は現状通常のドライバーだけでは、唯一独自に暫定対応したKISSの『カスタムメイド3D2』または、同社が提供するFOVE VRホームのデモゲームのみがプレイ可能で、SteamVR対応のゲームを遊ぶことができません。

カスタムメイド3D2はFOVE 0暫定対応バージョンまでアップデートすれば、FOVE 0の公式HPにある「FOVE SETUP」をインストールし、セットアップするだけで起動可能。エディットで視線を顔、胸に合わせると表情が変わる機能を体験できます。この状態ではまだSteamVRは利用不可状態です

 ですが、同社の公式HPでSteamVRβに登録すると、SteamVRが使える「SteamVR Driver for FOVE」のアクセスキーがもらえ、インストールすることで、VRゲームが遊べるようになります。「SteamVR Driver for FOVE」を有効にする前に、FOVE 0をセットアップして、Steamもインストールしておきましょう。メールでアクセスキーが届いたらSteamを起動し、ドライバーをインストールして準備完了です。

ジサトラ完全版:今週の研究員

ジサトラ ハッチ
ジサトラのVR担当、自称VRスペシャリスト。VRがあれば、リアルなんていらないと最近本気で考え始めているのが、怖いところです。

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!